企業は文化〜なじめる場所を探すこと

laptop-943558_1280

アメリカと日本にはそれぞれの文化があるように
会社にも文化があります。

 

いや、会社=文化といってもいいと思います。

 

それぞれに違う文化を持っている。
どちらがいいということではありません。

 

アメリカと日本、どちらが優れているかということではないのと同じで
どの企業の文化が優れているか、ということではないのです。

 

ただ、違うだけ。

 

もしも今いる会社の居心地が悪いなら
勤務条件などが悪くないのに
どうにもやりがいを感じられないなら
もしかしたらそれは
あなたの文化とその会社の文化が合わないのかもしれません。

 

合わないのだとしたら、ただそれだけの理由。
あなたの能力がどうのというよりも
合わなかったら能力すら発揮できない。

 

どうがんばってもうまくいかないことだってあります。

 

もしもその会社の文化と
自分の文化が合わないなら
いる場所を変えるしかありません。

 

私も以前いた会社は
なぜか楽しくなかった。

 

それは、トップが常に悪口を言っているところだったから。
当然、会社全体に悪口が蔓延する。
いつも誰かが誰かの悪口を言っているような文化。

 

楽しいわけないよね?

 

働くって、お金だけじゃないんですよ。
お金はもちろん大事だけど、
どんなに高いお給料をもらっても
居心地の悪い場所では
やっていけない。

 

1日の大半を仕事して過ごすのに
精神的によくない場所では
人生を台無しにしているようなもの。

 

だから、仕事をする時は
どんな文化で仕事をするかということを
考えた方がいいかもしれませんよ。

 

もしも「企業」という文化に
どうしてもなじめない時には
フリーランスとして働く、
企業も楽しいけど
好きなように働けるフリーランスも楽しい、
というなら両方やればいい。

 

働き方は文化ですからね、
自分がどんな文化で生きていくか、
そんな視点で働き方を考え直してみても
いいのではないでしょうか。

▼▼フリーランスでやっていくなら
情報発信は必須。▼▼


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*