集客は心理学〜必要とされているものを見極める

<スポンサードリンク>



どんな形のものを売るにしても、それが「物」でも「サービス」でも、集客を学ぶには、心理学が必要だなということを痛感しております。

というのも、売りたいものの良さをいくらアピールしても、たとえそれがどのように素晴らしい商品やサービスだったとしても、お客様の心に響かなければ、お客様の心を動かさなければ、お金はいただけないんですね。

これは、自分が物を買うときの気持ちを考えてみるといいと思います。

ちょっと高かったのに思わず買ってしまった物、買うつもりもなかったのになぜか買ってしまったもの、そういうものはありませんか。

たぶん、あると思うのですが、その時の自分の気持ち、なんでこれがいいと思ったのか、それを考えると答えが出てくると思います。

機能が良かったから、他の製品と比較してスペックが優れていたから、そういった理由だけでは人は買い物しないんですね。

  • 今の私の悩みを解決してくれる
  • これがあったら私は●●になれる
  • 特別感が持てる
  • 退屈から抜け出せる

・・・他にも色々ありますが、「今の私を変えてくれるもの」。

お客様はそんな物を求めているのではないでしょうか。

だとしたら、今どんな悩みを抱えていて、何をどう示せば心が動くのか。
その研究が大事なわけです。

それなしで、いきなり商品の特徴やスペックだけを並べても、きっと心は動かない。

だから、人の心理を勉強すること、これはあらゆるビジネスに必要なことだと思います。

<スポンサードリンク>



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*