サービス・商品の価格を決めるときのブレーキ

business-idea-831053_1920

あなたが売ろうとしている商品(またはサービス)の価格は、相場と比べてどうでしょうか?

この、「相場と比べて」というのがくせ者です。

人と比べてあまりに高いと売れない、たいていの人はそう思い込んでいます。でも本当にそうでしょうか?普通に考えたらめちゃめちゃ高いのに思わず買ってしまった、そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そうです。
人がものを買う時は「価格」だけで決めるわけではない。

むしろ、「安すぎる」ものには価値を感じない、そんな風に思いませんか?

安いものを買って、思ったよりも良ければ儲け物と思いますが、ダメだったとしても「お値段なり」だと思ってまあ我慢も出来るでしょう。

つまり、最初から期待していない、ということです。
期待していない商品は中身をあまり吟味しませんよね。
値段さえ安ければいいと思ってしまう。

あなたの商品がしっかり価値を磨いて、その価値を伝える努力をしていないと、こういった価格競争に巻き込まれます。そして、価値なんて見てもらえずに価格だけで選ばれるようになります。

<スポンサードリンク>



◆価格は覚悟を決めて自分で設定すること

私もコンサルタントに「価格が高すぎる」と言われたことがあります。

フロントエンド商品は無料かかなり低価格に、ミドルエンド商品はそれより少し高く、そしてバックエンドで思いっきり高額に、と。

その理論はわかります。
ただそれは、そういった商品設計をしている場合であって、すべてにあてはまらないのでは?とちょっとこのとき疑問に思いました。

というのも、セミナーなど、本当にメルマガなどを読んでいて「本当に行ってみたい」と思ったものは、別に3000円でなくても行くからです。私は去年、あるセラピストさんのセミナーに行きました。その方のセミナーは初めてでしたが、19800円でした。でも別に高いとは思わなかった。

自分で「この値段で大丈夫かな・・・」と思っているうちはいくらにしようと売れないんですよ。

逆に覚悟を決めて、この商品には素晴らしい価値がある!と信じ、その価値を提供し続ける、伝え続ける努力をしていけばいくらに設定しようと売れるようになります。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*