セールス

サービス・商品の価格を決めるときのブレーキ

business-idea-831053_1920

あなたが売ろうとしている商品(またはサービス)の価格は、相場と比べてどうでしょうか?

この、「相場と比べて」というのがくせ者です。

人と比べてあまりに高いと売れない、たいていの人はそう思い込んでいます。でも本当にそうでしょうか?普通に考えたらめちゃめちゃ高いのに思わず買ってしまった、そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そうです。
人がものを買う時は「価格」だけで決めるわけではない。

むしろ、「安すぎる」ものには価値を感じない、そんな風に思いませんか?

安いものを買って、思ったよりも良ければ儲け物と思いますが、ダメだったとしても「お値段なり」だと思ってまあ我慢も出来るでしょう。

つまり、最初から期待していない、ということです。
期待していない商品は中身をあまり吟味しませんよね。
値段さえ安ければいいと思ってしまう。

あなたの商品がしっかり価値を磨いて、その価値を伝える努力をしていないと、こういった価格競争に巻き込まれます。そして、価値なんて見てもらえずに価格だけで選ばれるようになります。

<スポンサードリンク>



◆価格は覚悟を決めて自分で設定すること

私もコンサルタントに「価格が高すぎる」と言われたことがあります。

フロントエンド商品は無料かかなり低価格に、ミドルエンド商品はそれより少し高く、そしてバックエンドで思いっきり高額に、と。

その理論はわかります。
ただそれは、そういった商品設計をしている場合であって、すべてにあてはまらないのでは?とちょっとこのとき疑問に思いました。

というのも、セミナーなど、本当にメルマガなどを読んでいて「本当に行ってみたい」と思ったものは、別に3000円でなくても行くからです。私は去年、あるセラピストさんのセミナーに行きました。その方のセミナーは初めてでしたが、19800円でした。でも別に高いとは思わなかった。

自分で「この値段で大丈夫かな・・・」と思っているうちはいくらにしようと売れないんですよ。

逆に覚悟を決めて、この商品には素晴らしい価値がある!と信じ、その価値を提供し続ける、伝え続ける努力をしていけばいくらに設定しようと売れるようになります。



セオリーを無視したら売れないのか

パソコン一つで稼ぐ

パソコンひとつあれば仕事はできる!

コンサルタントというものに対して
とても疑問を感じる今日この頃。

 

というのも、どの人も
本を読めばわかるような
売れるセオリーはたくさん知っていて

 

私も去年は色々セミナーに行ったりもしたけれど

 

この人はすごい!
この人の教えを受けたい!
と思った人は、一人でした。

 

一人でもいたら良しとするか、ですけどね。

 

というのも、
みんなやりたいことで稼いでいきたい、と
思っているわけです。

 

でも、コンサルタントは
それでは売れない、
こういう商品を開発しないと、と
自分のやり方を押し付けるわけです。

 

確かに、「今」ニーズがあって
それをマーケティング理論に基づいて
広告出したり、拡散するための行動をすれば
ある程度は売れるかもしれないし、
目先の売上を確保するためには
必要な方法かも知れません。

 

でもね、本当にそうなのか、と思うのです。

 

人の心は機械じゃありません。
心理学でなんでもかんでも
分析できるものではないし
理論で割り切れるものではないのです。

 

コンサルタントの言いなりになっていたら
たぶん、一生売れないと思います。

 

あなたがやりたいこと、
売りたいもの、それで何を実現したいのか。

 

それをしっかりと見つめること。
そこを突き詰めていけば
どのようにそれを売ればいいのか
あなたにしかわからない方法が
きっと生まれるはず。

 

もちろん、コピーライティングの知識とか
セールスライティングのスキルとか
マーケティングの理論も必要ですよ。
いらないと言っているわけではありません。

 

そのスキルだけに走らないで
マインドをしっかり保つことが大切だと思うのです。

 

私は当初、アロマテラピーで
独立したいと思いました。

 

アロマの世界で食べていくって
すごく難しいんですよ。

 

マッサージする人ならいざ知らず
(いや、自分のサロンを維持するのは難しい)

 

私はアロマを教えたい、
アロマの素晴らしさを広めていきたい、と
思っていたので、
こりゃあなかなかお金にならんわけです。

 

で、同時にコピーライティングの勉強なども始めて
そしたらライターとしての仕事もできるようになって
一石二鳥なのですが、
どちらの仕事も私にとっては
やりたいことを実現するために
不可欠なのです。

 

私がやりたいことは、
・女性も男性ももっと自由に、好きなことをして生きていける世の中を作りたい
・子どもたちが産まれてきてよかったと思える世の中を作りたい
・それぞれがやりたいことをやって納得のいく人生を送れる世の中を作りたい

こんなことです。

 

これを実現するためには、
アロマテラピーもライティングも役に立ちます。

 

そう、仕事の内容は「スキル」にすぎず、
何をやって生きていきたいのか、
それを明確にする方が先だと思うのです。

 

だから、なかなか収入が上がらないと
お悩みのフリーランス、個人事業主の方、
まずは自分が何をやりたいのか、
いまいちどじっくりと考えてみるといいかもしれませんよ。

はじめの一歩〜誰に何を売りたいか?

販売、セールス

いいものさえ売れば売れる。

これは幻想です。

せっかくの自信作、きちんと戦略を持って売っていかなくては

売れるものも売れなくなってしまいます。

それは、店舗であってもインターネットであっても同じこと。

「モノ」でも「情報」でも同じことです。

このとき考えなくてはいけないこと、

それは

1 だれに

2 なにを

3 どこで

4 どのように

売るのか、ということ。
このような視点であなたの商品を考えてみましょう。

ここで最も大切なのは「だれに」です。

あなたの商品を買ってくれるお客様は誰なのか?

そこをしっかりと考えてみて下さい。

【今日のミニワーク】

あなたの商品を買ってくれるお客様はどのような人ですか?

年齢、性別、職業など、できるだけ細かく考えてみて下さい。