ダブルワーク

年末年始こそ「複業」を考えるチャンス

将来の希望、展望

将来の希望、展望

1年て、本当に早いですね。

予期せぬ出来事からフリーランスになったのが2月。ライター生活も10ヶ月を過ぎました。

最初はやっぱり不安がありましたが、半年を過ぎる頃から収入も増えてきて、ようやく会社員の頃の手取りくらいにはなってきました。

来年はもっと収入を増やす方法を考えたいと思っています。

年末年始こそ、「この先」を考えよう

会社員だと、考え事をするまとまった時間もなかなかとれないと思います。だから、この年末年始こそ、自分の将来を考えるチャンスですよ。

今やりたいことが出来ているならそれでいいでしょう。でも、他の仕事がしたい、他の会社にうつりたいなど、今の環境や生き方を変えたいと思っているなら、何でもいいから、小さくてもいいから、行動に移していきましょう。

やらないと、何も変わらないからね。

でも、行動に移す前に少しだけ「計画」を立てる。計画はあくまでも計画、予定だから、その通りにならなくてもいいんです。でも、何か少し計画を立てないとやみくもに動いてしまうことになるので、大まかにでも考えていこう。

それを、年末年始にやるんです。

<広告>



大きな目標から逆算する

もしも将来独立したい、会社員ではなく個人事業主になりたい、会社を興したいなどの思いがあるなら、その期限をまず決めましょう。

これがないと、ずるずると10年後も会社員のままです。

独立するのを5年後と決めたら、そのためには3年後どうなっていなければいけないか、1年後は何をしているか、とどんどん今に遡るようにして考えます。

そうすると、1ヶ月後までに何をするか、今週は何をするか、今日は何をするか。行動の目標が具体的になってきます。

<広告>



やりたいことが変わったら

その計画通りに行動できたとして、それでもやりたいことの方向性が変わっていくこともあります。実際私もそうでした。

最初はカウンセラーとして独立しようと思っていたんです。だからカウンセラーの勉強も当然しましたし、集客の勉強もしました。

でも、実際にメールのカウンセリングなどを始めてみると、うーん、私が今やりたいことは本当にこれなんだろうか、と思うように。

それで、元々やりたかったアロマテラピーと組み合わせることにしてみたり、色々試行錯誤を始めました。

方向性が変わることは全然オッケーです。お客様のニーズによっても変わっていくし、時代の流れによっても変わります。一つのことに固執しないためにも、色々な可能性を常に考えておくというおは大事なことです。

常にリスクヘッジを

常に備えよ!これはいつも肝に銘じていること。

一つの仕事に絞ってしまうととても危険。何かあったときにいきなり無収入になる、なんてこともあり得ます。

たとえば、今ネットでもテレビのニュースでも騒がれているDeNAの炎上問題。「Welq」というサイトから始まった問題ですが、私も数ヶ月前まで記事を書いていたんです。

実績のない時代にたくさん書かせてもらったので感謝していますが、やはり専門家が監修していない医療記事というのはサイトの信頼性を保てなかったんですよね。

もしこのサイトの仕事をメインの収入源にしていたら大変だったなと思います。いきなり仕事ゼロですから。

だからフリーランスというのは常に複数の仕事を持っておくことが大事なんですよ。

複業が必要なのは会社員も同じ

それは会社員であっても同じです。いつ何が起きて会社が倒産するかわかりません。いつリストラされるかもわかりません。

いつ何が起きてもいいように、複業の道を作っておくべきです。

▼▼「ココナラ」であなたの「得意」を売る!▼▼
私も最初はここで出品を始めました。始めたばかりの頃は月に数千円の売上でしたが、今では10万円ほどになることもあります。重要な収入源になっています。



イラスト、占い、文章を書くなど、あなたの好きなこと、得意なことが何でも売れる!
出品にあたって手数料はかからないので、好きなだけ出品可能。ここで「売る」練習を積んで下さい。

 

▼▼ライター登録してみては?▼▼



文章を書くのが好きなら、ライター登録して「書く」という作業に慣れておくのもおすすめ。
ブログを書いてもなかなか収入に結びつかないという場合は、単価が低くても書いたものが収入になるというというのはモチベーションアップにつながります。

ブログのネタに困ったら〜散歩のススメ

ブログ

ブログ

私はWEBコンテンツの記事作成以外にも、ブログの代行などもしているので、たまに「ブログが続かない」「何を書いたらいいかわからない」というご相談を受けることがあります。

>>ブログ記事代行はこちら♪500文字程度から5000字以上まで対応しています。

ブログで一番困るのは、「ネタが出てこない」ことかなと思うんですね。最初は勢い込んで始めたブログも、何について書こうかと迷っているうちに続かなくなってしまうのではないかと思います。




1つの分野に絞ってみる

まず最初に、ブログのテーマを絞ることをオススメします。

私が10年以上前に初めて楽天ブログを書きだした時は、「ブログ」というものがまだ定着していない時で、何について加工かなんて決めていなかったけど、とりあえず日常のことを書き始めたんですね。

そのうちアロマテラピーの勉強を始めたりして、そうしたらアロマについても書きたくなった。それからほんの感想文。レビューですね。あれこれネタはあったんだけど、ごちゃごちゃしてかえって書きづらくなりました。

そこで、そのブログは「アロマテラピーの勉強記」みたいなものにしました。本のレビューと日常の出来事は別のブログに分けました。

テーマをひとつに絞った方が読んでいる人にも「このブログは○○についてのブログなんだ」ということがわかりやすいのと、書いている方も流れを作りやすいからです。

でも、そのテーマが見つからない

でもそもそも何について書こうということが決まらない、ということもあるかもしれません。一番良いのは自分の趣味について書くこと。好きなことについて語るのは飽きないからです。

もう一つは仕事について。一つの分野を長くやってきた人なら、営業について、人事について、経理についてなどかけると思います。

例えば、人事異動で全く未知の人事部で仕事をすることになってしまった人に、人事部ってどんなことをしているのか、仕事を進めるにあたってどんなことを学べばいいか、自分の体験談など、生の声をのせることが出来ると思います。

最後は「新たに勉強する」というのもおすすめです。

今まで関わったことのない分野のことでも、新たに勉強を始めて、それを習得していく過程を書くとか。私はアロマテラピーがそうでした。

当時、私が受けたかった試験についての情報がほとんどなく、公式テキストもなかったため、どうやって勉強したら良いのかわからなかったんです。

そこで、勉強するにあたってどんな書籍を使ったか、どうやって必要な用語を覚えたか、記述試験はどうやって対策したかなど、これから試験を受けようとする人のために役立つ記事を書こうと思いました。

ですから、たとえばこれからゴルフを始めてみよう!と思ったら道具選びからして初心者にはわからないですよね。

何をポイントにして選べば良いのか、どこに習いにいけばいいのか、コースデビューはどうする?など、自分の成長期の様に楽しんで書いていけるのではないでしょうか。




ネタ探しには散歩に出よう

日常のことを書いているブログだと、それこそネタがなくなってしまうこともあるかもしれません。平凡な日常だと、それほど変わったことなど起きないですからね。

でも本当にそうでしょうか。

ネタはあちこちに転がっているものです。天気もネタになるし、朝起きた時の気持ち、食事をしている時に感じたことなど、書こうと思えばいくらでもネタはあります。

それでもネタが見つからなくて困っている場合は、散歩がおすすめ!

散歩というかですね、環境を変えることです。パソコンの前に座っていてもネタは降りてこない。だから、街に出るんです。

特に目的もなく歩いてもいいし、買い物がてら商店街に行ってもいい。いつもと違う道を通ったら思わぬ発見があるかもしれないし、珍しいものを見つけるかもしれない。

私は不思議と、娘の保育園の送り迎えのときにネタが降ってくることが多いです。

あ、メモ帳は必須ですよ。思いついたことがあれば必ずメモして下さい。それがネタ帳になるから。

アクセスを気にしない

せっかく書いているブログを誰も見てくれない・・・これは確かにモチベーションが下がりますよね。アクセスが増えればやる気も出るけど、1日数件では・・・。

でも、始めた当初は「ゼロ」だって全然珍しくないんです。1日数件でもアクセスがあるだけいいと思います。

1件でもいい、その来てくれた一人のために書きましょう。これだけたくさんあるブログの中で、縁があって自分のブログに来てくれた人です。

その人が次の記事も楽しみにしてくれるように、その人に話しかけるように、ためになる記事、心が動かされるような記事を書いていくことを心がければ、アクセスは徐々に増えていくでしょう。

そのために「ターゲットを決める」というのも大事なんですけどね。

続けることに意義がある

3ヶ月程度で休眠状態になるブログがほとんどなんだそうですよ。ということは、続けているだけでもアクセスが伸びる可能性はあるわけだし、中身も大事だけどまずは「続ける」というところに重点を置いてもいいかもしれませんね。

どんなことでもいいから日常の中からネタを探して、書き続ける。そのうち、思ったような文章がかけるようになるはずです。




いつか独立したいと思うなら会社員のうちにやっておくべきこと

office-620822_1280

ある日突然、今の仕事を失ったらどうやって食べていきますか?

いつかはこの会社を辞めて独立したいと思っているサラリーマンやOLさんも増えてきましたね。ではその「いつか」のために、今していることはありますか?

私もそう思いながら、なかなか辞めることが出来ずにずるずる働いていたら、あっという間に仕事を失って独立するはめになったのですが、その時思ったことは「準備しておいてよかった」です。

いつ辞めようか、その時期を決めかねている中で仕事を失ったので、独立せざるを得なくなったのですが、もう40代半ばですから、今更新しい会社で新しい仕事、という選択肢もありませんでした。

でも何の準備もしていなかったら・・・。

<広告>



やみくもに起業セミナーに行ってはいけない

「起業」なんて大層なことを考えると、とても難しい、自分には出来ないと尻込みしてしまいますよね。だから私は、起業というよりは「個人事業主」だと思っているんです、自分のことを。

それを起業って言うんじゃないの、という人もいるかもしれませんが、私は今、あくまでも雇われることなく個人で仕事をしているだけだから「個人事業主」なんです。起業っていうのは、人を雇ったり、投資をしたりして会社組織としてビジネスをすることだという定義が私の中にあるだけなんですけどね。

ちょっと話がそれましたが、独立しようとすると起業セミナーなどに足しげく通ってしまう人がいますが、それはやめておいた方がいいです。お金と時間の無駄です。

先日も、たいしたことを教えないのに高額な料金を取っていたセミナー講師が逮捕されました。似たり寄ったりの人は多いです。何も知らずにそんなセミナーばっかりに通うと、いいカモになるだけです。

今はネットでも本でも起業に関する情報を収集することは出来ます。まずは最低限の情報収集をして、「自分に何が足りないか」「自分は何を知りたいのか」ということを整理してから、必要なことを教えてくれるセミナーに行くべきです。

やみくもに起業コンサルに相談してはいけない

同じように、アメブロやFacebookには「起業コンサルタント」を名乗る人たちがたくさんいます。こういう人たちにも気をつけて下さい。有益な情報を教えてくれるコンサルタントはほんの一握りです。

では、どうやっていいコンサルタントを見極めたら良いのかというと、まずその人が自分でビジネスの実績を作っているかどうかです。

自分でビジネスをしたこともないのに、独立して収入を得るという経験もないのに、どうしてビジネスを教えられるんでしょうか。

だいたいが、独立したもののうまくいかなかったので、コンサル的なことを始めたという人が多いんです。そんなコンサルタントに引っかかってはいけません。

もう一つは、その人のブログやメルマガを読んでみて下さい。中身のない人は本の受け売りばかりしていますし、どこかのブログで読んだような話ばかりだったりします。

また、文章には人柄が現れるので、読んでいるうちに、その人の人となりがわかってくると思います。

ブログやメルマガを読み続けて、「この人に会ってみたい!」「この人の話が聞きたい!」と、理屈抜きに思えるような人が見つかったら、会いに行ってみるといいと思います。直にお会いすると、また得られるものがあるはずですから。

<広告>



まずは自分で「売る」ことを実践してみる

そして、これは会社員のうちに、固定の収入があるうちにぜひやってみて欲しいこと。「自分でもの(またはサービス)を売ってみる」ということです。これを今のうちに絶対やっておいて下さい。

ブログでもいいし、サイトを立ち上げてみてもいいし(今はどちらも無料でできますから)、それで自分で「売る」ことを実践してみて欲しいと思います。

最初のうちは面白いくらいに、売れませんから(笑)。

「売る」ってどういうことなのか、「買ってもらう」ってどういうことなのか。買う側の心理などは、トップ営業マンでもないとわからないんです。

経理や総務の事務職をしていた人がいきなりビジネスをしようと思ってもうまくいかないのは、「売る」という思考になっていないからです。

頭を切り替えるためにも、「売る」練習が必要です。

そのためには、リスクのない方法で収入を得られるような仕組みが必要ですね。モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】だったら、ノーリスクでビジネスが始められるんです。

私が最初に登録したのはもう2年も前になりますが、「アロマ相談」というのを売り始めました。肩こりや腰痛、ストレスなど症状を詳しく聞いて、どんなアロマのブレンドがいいかということを提案するサービスです。

それから、オリジナルテキストやアロマカード占いなども始め、どんどんサービスを増やしていきました。ブログの代行などもしています。

出品に際して手数料などはかからないので、売れなくても私にリスクはありません。

やっぱり最初のうちは売れなくて、キャッチコピーを変えてみたり、アピールする文章を変えてみたり、TwitterやFacebookで拡散したりと、色々試行錯誤しているうちに、段々売上が伸びていって、最初は月に数千円の売上だったのが、今や5〜10万円くらいの売上になります。

売れてくると、やっぱりもっと売上を上げたいですから、コピーの勉強をしたり、セールスライティングの勉強をしたりと自分にとってプラスの効果も出てきます。

【ココナラ】なら、何もビジネスに関するスキルだけじゃない、スピルチュアルな占いとかイラストとか、なんでも売ることが出来るんです。

どんなものでもいい、自分が売れそうだと思うものを売る練習をしてみて下さい。そしてお客様に「買ってもらう」という経験を積んで下さい。

それが将来独立するときに役に立つはずです。

▼▼自分の「経験」も売ることが出来る【ココナラ】▼▼


「趣味」や「得意なこと」が収入になる!副業に最適な『ココナラ』に登録してみませんか

パソコン一つで稼ごう

パソコン一つで稼ごう

会社を辞めずに副業で少し収入を増やしたいけど、具体的にどうすればいいのかわからない、という方へ。

収入=何か”ビジネス”をしないといけない、そんな風に難しく考えていませんか?いえいえ、そんなことはありません。

あなたの好きなこと、趣味や得意なことがお金になるんです。それがココナラです。

私も文章を書くサービスやアロマテラピーに関するサービスを提供しています。>>>ココナラで出品中

ココナラの素晴らしいところは、個人の好きなことが商品になる、というところなんです。

◆こんなサービスがあります

たとえば、

  • 似顔絵
  • イラスト
  • LINEスタンプ
  • おすすめ映画の紹介
  • 手芸やアクセサリーの作り方のポイント
  • ファッションのアドバイス
  • 美味しいお店の紹介

などなど。イラストや似顔絵はわかりますが、「アドバイス」という形の無いものも売れるんですよね。

個人で売ろうとしたら、それ売れるの?と思うようなものも。自分の「得意」をワンコインから出品できますし、買う方もワンコインなら聞いてみたい、と思うようなサービスがたくさんあるんです。

イラストなんて、スマホで描いて売っている主婦の方もいらっしゃいます。今やスマホ一つあれば自分の好きなことが売れる時代なんですね〜。



◆まずは登録してみませんか

私も最初は、500円くらいじゃあまりお金にならないかな、と思いましたが、色々見て見ると「え、こんなサービスも売ってるの?」と驚くものがあり、これで副収入になったらいいな、と思いはじめました。

今では月に3万円以上の安定した収入源になっていますから、なかなかのものです。

登録は無料ですし、実際に他のサービスを利用してみて自分が何を出品できるかな、と考えるのもいいと思います。なんといってもリーズナブルなので、占いでも何でも試しやすいのがいいですね。

◆ビジネスのヒントになるかも

今はまだ独立していなくても、いずれは会社を辞めて個人事業主になりたいと思っている人にとっては、どんなサービスが需要があるんだろうか、というヒントになるかもしれません。

ビジネスを始めようと思うと、何をどう売ろうか迷いますよね。売りたいものが必ずしも売れるわけではありませんから。

実際、ココナラ」を見ていると、えー、こんな簡単なことにお金払うの?と思うこともあるんです。自分で出来ることって、他にニーズがあるということに気づきにくいんですよね。 だから、需要やニーズを探る、という意味でもとても参考になるサイトだと思います。

40代から新しいことを始めるときは苦手を克服する必要はない

新しいこと

新しいこと

何か副業を始めようと思ったとき、またはいずれ独立して個人事業主になろうと思ったとき、何を仕事にしようか迷ってしまうことがありますよね。

それで、「○○が儲かる」とか「初めてでも1日で○○円の収入」などという怪しい謳い文句に引っかかってしまいがちです。ここはじっくり考える必要があります。

20代で独身なら、多少の冒険はしても平気でしょう。家族がいないなら、失敗しても気が楽です。でも40代となるとそうはいきません。家族がいればなおさらです。

だからこそ、次の仕事は何をしていくかを時間をかけて考えて欲しい。それについては、『やりたいことは時間をかけて見つける〜フリーランスになるのはそれからでも遅くない』でも書きました。

ではどうやって自分に適した仕事を見つけるか、それはやっぱり「好きなこと」から見つけるのが一番だと思います。

◆好きなことは仕事にならない?

好きなことは仕事にならないといわれますが、そんなことはないと思います。仕事にならないというのはイコールお金にならないということでしょうが、もちろん「ビジネス」として成り立たせようとすればそれなりの工夫が必要です。でもそれは仕事にならないというのとはちょっと違うと思います。

なぜ好きなことをした方がいいか、というと、モチベーションが続くからです。例えば、ブログを書くということ一つを取っても、まったく書くことが好きではないと「書く」という作業はとても辛いものです。

でも「書く」ことに主眼を置かずに、自分が好きなこと、やっていて飽きないことを人に伝える、という捉え方をすればそれほど辛くはないと思います。

好きなことの延長線上にあることなら、細々した作業も、人には見えない影の努力もすべて辛いものではなくなるはずです。でも「儲かる」というだけで、興味の持てないこと、好きでもないことを始めたら?きっと続かないですよね。

<スポンサードリンク>



◆得意なことをやってみよう

何かで結果を出そうとするとき、苦手なことを克服しようとする人がいますが、若いうちはそれでもいいでしょう。克服する過程で新しいものが見えてくるかもしれません。

でも40代ともなれば、この先の時間が無いのですから、苦手を克服している時間はもったいない。それよりも、自分が本当にやりたいこと、打ち込めることを探して、得意な分野の能力を伸ばしていった方が収入に結びつきます。

◆苦手を克服するよりやりたいことをやる

苦手なことは誰かに頼めばいいんです。もちろん、それでお金がかかることもある。その分は、好きなこと、得意なことのスキルを伸ばして、早めに収益化できるように、そちらに力を注いだ方がいい。

まして、会社勤めをしながら副業をしたり、独立の準備をしたりしている時に、あれやこれや苦手なことまでやっている暇はありません。時間の無駄だと思います。

自分が今一番時間をかけてやらなくてはいけないことは何だろう?何をがんばったら最短で収益に結びつくだろう、そのために自分が好きで出来ることは何だろう、それを考えてみて下さい。

=========
*今日のミニワーク*

あなたが得意なことは?
やっていて苦にならない好きなことは?
その中で、苦手な分野はありますか?
=========
40歳からのライフワーク研究室
これから何をしていこう、と迷ったら・・・
何かヒントになればいいなと思ってメルマガ書いてます。
melmaga2

やりたいことは時間をかけて見つける〜フリーランスになるのはそれからでも遅くない

やりたいこと、理想、夢

やりたいこと、理想、夢

40歳を過ぎてから新しいことを始めるのは勇気がいりますよね。だからこそ、みんな二の足を踏んでしまってなかなか会社員から抜け出せない。

いつかは独立したい、いつかは今の仕事を辞めて好きなことを仕事にしたい、そんなことを言いながら毎日が過ぎていく。そして、その「いつか」はきっとやってこない。

でもそれは、勇気がないからじゃないんです。自分が本当にやりたいと思うことが見つからないからです。

人は、なんとしてもこれがやりたい!という強い気持ちがあったら、意外と簡単に行動できてしまうものですが、行動に移せないということはその原動力になるものがまだ見つかっていないからだと思います。

◆やりたいことは時間をかけて見つけよう

10代、20代ならいざ知らず、40歳を過ぎればそうそう冒険も出来ません。かといって、じっくり考える時間も残されていないと焦ってしまいがちですが、ここはしっかり時間をかけましょう。

時間をかけて、興味を持てることを色々やってみて、「これだ!」と思えることを探すんです。その間、仕事は辞めちゃダメですよ。仕事はしながら、じっくりこれからの人生を考えるんです。

◆セミナージプシーにならないこと

ここで焦って、「初めてでも簡単に儲かる!」みたいな話に手を出してはいけません。ビジネスのスキルを学ぼうと、セミナージプシーになってもいけません。いいカモになるだけです。

ビジネスのスキルだとかマーケティングだとか、知識として勉強しておくことはもちろん無駄にはなりませんが、その前に「マインド」という土台が大事です。どうやってその仕事と向き合っていくのか、今の仕事がイヤだからと逃げ道として違うことをしようとするなら、それはきっと失敗するからです。

うまくいかないことをスキルが足りないせいだとして、あちこちのセミナーに顔を出し、知識だけはついていくからうまくいっているような気がするけれど、その実お客さんは仲間内だけ、ということになりかねません。

だからその前に、自分の問題を解決しておくこと、マインドを整えておくことがとても大切です。そのために、本当にやりたいことをじっくり考える必要があると思います。

========
*今日のミニワーク*

出来るかできないかではなく、「やりたい!」と思うことをいくつでも書き出してみて下さい。誰も見てないから、何を書いてもいいんですよ。

========

40代からのライフワークを見つけたい人、フリーランスで働きたい人、副業をやりたい人のためになることを模索中のメルマガ、登録は無料です。
『40歳からのライフワーク研究室』
melmaga2

常に備えよ〜会社を今辞められる?クビになったらどうする?

悩み事

悩み事

今の会社を辞めたとしたら、次に何をしていくか、会社員以外の選択肢はありますか?もし突然クビになったら?

男女ともに、年齢が上がるほど再就職は難しくなっていきます。ヘッドハンティングでもされない限り、再就職でキャリアアップ出来るなんて甘いことを考えてはいけません。

履歴書の生年月日を見てそれだけで落とされます。

どうしても今の会社を辞めて転職したいなら、次を確保してから辞めること。安易に辞めてしまうと次が見つからずに、まったく希望していなかった職種や会社にしか転職できない、ということにもなりかねません。というか、その可能性大です。

◆会社を辞めるのはいつでも出来る

会社はいつでも辞めることが出来ます。会社というところは、自分一人くらい辞めてもどうってことはありません。人が少ない会社だと「私が辞めたらみんなが困る」と思うこともあるでしょうが、実はそんなことはありませんよ。

あなたがいなくても会社は回るし、あなたがいてもつぶれるときはつぶれるし、みんなが困ることだって出てきます。

だから、辞めない理由を「私がいないと」にしてしまわないことです。そんなことを言っているといつまでも辞められないから。

かといって、感情に任せて辞めてはいけません。生きていく上で現金収入は大事ですからね、もらえるものをわざわざ自分から捨てる必要はないんです。

その会社がイヤだったとしてもね。

イヤだからこそ、お給料分の仕事はきちんとしつつ、他に好きなことに打ち込めたりもするんです。

もう1度言いますが、会社はいつでも辞めることが出来ます。だから、焦って辞めないこと。会社にいるうちに、お給料がもらえているうちに、次の手を打ちましょう。

<スポンサードリンク>



◆キャッシュポイントを増やすこと

やっていて楽しいこと、時間を忘れて打ち込めること、あなたの能力がいかせること、何でもいいです。それをキャッシュに換えることを考えましょう。

会社に副業を禁止されてるし・・・という方もいるのですが、最初からそんなに大儲けできませんからばれませんよ。それに副業の禁止は本来憲法違反ですしね。

年間収入で20万円を超えなければ確定申告の必要もありません。

とにかく、生活が安定しているうちに自分がどんなことで稼ぐことが出来るのかを考えることです。会社を辞めてから考えると生活資金の不安や焦りから冷静な判断が出来ないからです。

私の場合は、自分が昔からブログを書いていたことと、会社のホームページを作ったりブログやFacebookの運営をしていたこと、そして元々文章を書くのが好きだったことで、「書く」ということで収入を得ていこうと思いました。

それで『クラウドワークス』や『ランサーズ』といったクラウドソーシングに登録してちょこちょこお小遣い稼ぎをしていたんです。だから、突然会社をリストラされたときも、「そうだ、パソコン一つで、”書く力”で稼いでいこう!」と思えたんですね。

会社がいつまでもあると思ってはいけませんよ。私は身をもって経験していますから、「常に備えよ」ということを強く言いたいのです。

◆ある程度の投資も必要

好きなこと、自分がやれること、何でもいいのですが、何かで副収入を得て行こうと思ったらそれなりの投資が必要です。

とはいっても、高額なセミナーにいきなりいかなくてもいいんですよ。

私の場合は、文章を書くというよりもセールスコピーライターの勉強をしましたよ。オンライン講座を受けたり教材を買ったり、またウェブマーケティングコンサルタントの講座を受けたりもしました。

これは「売れる文章」を書くためと、コンサルタントの観点から自分の作ったウェブサイトを見るためです。小説家を目指しているわけではないので、文学的な文章を書く必要はなく、読んだ人が理解できること、そして何らかの行動をとりたくなることが大事なわけです。

そのための文章術は、学校で教わった作文だけでは出来ないので、「ものを売る」ということはどういうことなのか、そこから勉強しました。

しかし一通り講座を受けたらすぐに思い通りの文章が書けるようになるかというとそんなことはなく、まだまだ試行錯誤していますが、その勉強を会社員時代にやっておいたことがとても役に立っています。その備えがなかったら、日記のようなブログしか書けなかったかもしれません。有名人でもない限り、プライベートの記事なんて誰も興味持ちませんからね。

セールスコピーやウェブマーケティングを学び、関連本などを含めると70万円くらい使ったかな、と思いますが、安いものだと思います。だって、学んだことは私の財産になってこれからどんどん生かしていけるのですから。おかげでリストラされても困らなかったですしね。

<スポンサードリンク>



◆ノウハウコレクターにならないように

でもみなさん、やみくもにセミナーに行ったりしないように。お金ばかりかかってただのノウハウコレクターになってしまいますから。

特に気をつけて欲しいのは、「起業コンサルタント」です。自分でなんらかのビジネスを成功させていて、そのノウハウを教えるならわかります。それならぜひお金を払ってでも聞きたいと思います。

でも自分で稼いだ経験もなく、いきなり「起業の仕方を教えます」というのはどうなのかと個人的には思っています。そんな人にビジネスを教わって成果が出せるのか、はなはだ疑問です。

たとえば『ユダヤ人大富豪の教え』で有名な、私の好きな本田健さん、この方はご自分で会社をいくつも経営なさっていましたよね。ビジネスをするってことも、お金についてもよく知っているわけです。

だから、お金の話にも説得力がある、そう思っています。

でも、○○コンサルタントと名乗る人たちの中には自分では稼いだことのない人たちがたくさんいます。そういう人にだまされないように気をつけて下さい。

そういう人たちの売っている教材などは、少し勉強すれば作れるような内容です。今はネットで色々なことを親切に解説してくれているブログやサイトがたくさんあります。ある程度は事前にただで勉強できるんです。

ただ、もう一歩踏み込んでしっかり収入に結びつけていこう、と思ったら、やっぱり成功している人の話を聞くのは大切だと思います。そういうことにお金をかけるのは自分の財産になります。

だから、お金をかけるところを間違えないで。投資は必要ですが、お金を捨てることのないように気をつけて下さいね。まあ、ある意味それも勉強かもしれませんけどね。

◆これからブログを作っていこうと思っている人へ

とりあえずブログというのは誰でもすぐに、今日からでも出来ることです。まずは副業の第一歩だと思って始めてみませんか。

どんなことで副業をやっていくにしても、「書く力」って必要になってくるんです。ホームページがないと話にならないでしょう?ホームページにはコンテンツ(記事)を投稿したり、ブログを書いたりと「書く」ことが必須です。

でもどうやっていいかわからない、そんな初心者のためにブログコンテンツの作り方を教えてくれる本がこれです。

『コンテンツ・マーケティング64の法則』
コンテンツマーケティング64の法則

<目次>
PART1 ライティングの法則 もっとうまく書く方法(と少ししか書けないこ とを憎む方法)
PART2 ストーリーの法則
PART3 出版の法則
PART4 コンテンツの法則
PART5 コンテンツ・ツール

この本でコンテンツ作りのルールを学べば、もう書くことが苦手、なんて事はなくなるでしょう。

=====

40代からの働き方、副業、フリーランスについて色々と話しています。
メルマガ「40歳からのライフワーク研究室」
ご登録はこちら。
melmaga2

得意な分野を複数作ってリスクヘッジを

567166659

私は今ライターとして様々な記事を書いていますが、元々アロマテラピーの講師をしていたこともあり、アロマ関係の記事であればほぼリサーチいらずでサクサク書けるんです。

しかし、アロマテラピーの記事だけでそんなに需要があるわけではありませんから、今では美容関係や食材関係など書くテーマを色々広げているんですね。

ただ、美容というと女性がとても関心をもつ分野でもあり、ライターさんもたくさんいるんですよ。

そしてライターという仕事は資格なんていりません。「私はライターです」と名乗ればそれでいいわけですから、参入者がとても多い。「主婦ライター」なんてよく聞きませんか?

1記事の単価はものすごく安くても、家で仕事ができる魅力。資格もいらない。誰にでも出来てしまう(←本当はそんなことないですが)。

だからこそ、自分の得意分野を持ちつつも、テーマを広げていって「リスクヘッジ」をする必要があると思っています。

<スポンサードリンク>



◆得意分野を複数作ろう

ある日突然、「このテーマのライターさんはもういりません」なんてことを言われたらお仕事がなくなるわけです。

その時に、「私はこういうテーマも書けます!」という分野があればこちらからの提案も出来ますが、ひとつに絞ってしまっていると、自分が書ける分野で仕事を探さないといけませんよね。それでは門戸がとても狭くなってしまう。

これはサラリーマンでも言えることだと思うのです。

営業、経理、色々な職種がありますよね。もちろん、その中でエキスパートになることも大切ですが、関連したことで勉強できることはとにかくどん欲に学んでおくことです。

私は前の会社で、最初は講師兼事務という話で入社したのですが、半年ほど経つと「広告、広報」をやれといわれました。そんなこと、まったく経験のなかったことで、何をどうすれば良いのかまったくわかりませんでしたが、やるしかないですよね。

その中で、

  • コピーライティング
  • セールスレター
  • ウェブサイトの作り方
  • WordPressの導入方法や使い方
  • ブログの運営の仕方
  • SNSの使い方
  • 起業の方法

など、様々な分野の勉強をしました。もちろん、自己投資もたくさんしましたよ。セミナーに行ったり、オンライン講座を受けたり、本もたくさん読んだし、とにかく情報収集をたくさんしました。

そのおかげで(!?)いきなり「今週でみなさん終わりです」と、スタッフ全員解雇された時も、路頭に迷うことなく「ライター」という仕事で収入を得ることができたわけです。

普段からのリスクヘッジがいかに大事かということを身をもって体験しているので、声を大にして言いたい、

『得意分野、スキルは複数持つべし!!!!』

仮に今の会社が急にどうにかなってしまっても、自分で収入を生み出せる力が必要です。



集客は心理学〜必要とされているものを見極める

<スポンサードリンク>



どんな形のものを売るにしても、それが「物」でも「サービス」でも、集客を学ぶには、心理学が必要だなということを痛感しております。

というのも、売りたいものの良さをいくらアピールしても、たとえそれがどのように素晴らしい商品やサービスだったとしても、お客様の心に響かなければ、お客様の心を動かさなければ、お金はいただけないんですね。

これは、自分が物を買うときの気持ちを考えてみるといいと思います。

ちょっと高かったのに思わず買ってしまった物、買うつもりもなかったのになぜか買ってしまったもの、そういうものはありませんか。

たぶん、あると思うのですが、その時の自分の気持ち、なんでこれがいいと思ったのか、それを考えると答えが出てくると思います。

機能が良かったから、他の製品と比較してスペックが優れていたから、そういった理由だけでは人は買い物しないんですね。

  • 今の私の悩みを解決してくれる
  • これがあったら私は●●になれる
  • 特別感が持てる
  • 退屈から抜け出せる

・・・他にも色々ありますが、「今の私を変えてくれるもの」。

お客様はそんな物を求めているのではないでしょうか。

だとしたら、今どんな悩みを抱えていて、何をどう示せば心が動くのか。
その研究が大事なわけです。

それなしで、いきなり商品の特徴やスペックだけを並べても、きっと心は動かない。

だから、人の心理を勉強すること、これはあらゆるビジネスに必要なことだと思います。

<スポンサードリンク>



月曜日がイヤにならない仕事をしよう

あくび

あくび

◆月曜日、楽しく出勤できてますか

連休明けの月曜日、だるいなあと思いながら仕事に行った方も多いのではないでしょうか。
私も会社員時代はそうでした。

特に退職する直前は、毎日会社に行くのが憂鬱でした。
まったく仕事に打ち込めない、楽しくない。
そんな毎日でした。

でも今はどうかというと、平日が楽しい!

月曜日が待ち遠しいくらいです♪

というのも、うちは子どもが3人いますから、家で仕事をしている私にとっては、休日は自由に仕事ができな時間。うるさいし、まったく集中できません。

しかも、休日は1日3食しっかり作らないといけませんしね。

自分専用の書斎などがあれば良いのですが、そんなものは今のところないのでがまんです。

そのかわり、月曜日になるとやる気が出ますよ!
さて、今日はまとめて記事書くぞ〜!と、朝から頭がフル回転です。

1日も短くてあっという間に夕方。
保育園のお迎えの時間になってしまうので、もう少し書いていたいな〜と思うくらいです。

会社員の頃は、そんなこと思ったこともありませんでしたよ。
休日が待ち遠しくてたまらなかったのに。

今でももちろん休日は休日で楽しいんですよ。
家族と出かけるのもね。

だけど、仕事も同じくらい楽しいんです。

これって、すごく幸せなこと♪

会社員でもそうでなくても、仕事をするのが待ち遠しいと思えたら幸せですよね。
月曜日が憂鬱な方は、憂鬱なことにフォーカスしないで、どうしたら楽しく思えるか仕事の楽しみ方を見つけられたら平日も休日も楽しめるようになります。

本業がどうしても楽しめない時は、自分が打ち込むことの出来る副業を見つけることです。楽しく仕事をしてお小遣いになったら一石二鳥じゃないですか。

今はインターネットさえあれば、個人でも稼げるようになりました。
この機会を利用しない手はないと思いますよ。

<スポンサードリンク>



◆一人で出来ることを考えよう

かといって、いきなり元手がかかるような副業を始める必要はありません。
まずはブログなど、頭ひとつ、パソコンひとつあれば出来ることを考えてみましょう。

将来的に本格的なビジネスを始めるとしても、「情報発信力」は必須です。
ものを売る力は表現する力、役に立つ情報を欲しがっている人に届ける力が必要なのです。

今から準備をしておけば文章を書く力がきっと役に立ちます。

最初は誰も読まないようなブログでもいいんです。
書くこと自体が目的だから。

まずは書く。
どんどん書く。
書いているうちにきっと面白くなるから。

そうしたら、どうすればもっと読んでもらえるのか、どうすればもっと役に立つような情報を届けられるのか、とだんだん読者目線が出来ていきます。

それに従って、読者も増えていくでしょう。

そうなれば、広告収入を得ることもできるし、新たなビジネスを考えることも出来ます。

まずは情報発信力を鍛えること。
このままずっと会社員でいるとしても、そうでないとしても、それはきっと将来あなたの役に立つはずです。

<サーバー借りてブログ始めるならエックスサーバー>