ブログ

ブログのアクセスをアップさせるために必要な2つのこと

ブログを書いて副収入を得よう!広告収入で暮らしていこう!そんな風に思ってブログを始めてみたものの、まったくアクセスが集まらなくて挫折・・・。

そんな方も多いと思います。実際、アクセスが1日に10件、とかだと書く気も失せてきますよね・・・。アクセスを見るのも悲しくなってきます。

私も最初はそうでした。一向に上がらない数字に「ホントにこれで収入入ってくるの?」と思ったものです。

続きを読む

ブログのネタに困ったら〜散歩のススメ

ブログ

ブログ

私はWEBコンテンツの記事作成以外にも、ブログの代行などもしているので、たまに「ブログが続かない」「何を書いたらいいかわからない」というご相談を受けることがあります。

>>ブログ記事代行はこちら♪500文字程度から5000字以上まで対応しています。

ブログで一番困るのは、「ネタが出てこない」ことかなと思うんですね。最初は勢い込んで始めたブログも、何について書こうかと迷っているうちに続かなくなってしまうのではないかと思います。




1つの分野に絞ってみる

まず最初に、ブログのテーマを絞ることをオススメします。

私が10年以上前に初めて楽天ブログを書きだした時は、「ブログ」というものがまだ定着していない時で、何について加工かなんて決めていなかったけど、とりあえず日常のことを書き始めたんですね。

そのうちアロマテラピーの勉強を始めたりして、そうしたらアロマについても書きたくなった。それからほんの感想文。レビューですね。あれこれネタはあったんだけど、ごちゃごちゃしてかえって書きづらくなりました。

そこで、そのブログは「アロマテラピーの勉強記」みたいなものにしました。本のレビューと日常の出来事は別のブログに分けました。

テーマをひとつに絞った方が読んでいる人にも「このブログは○○についてのブログなんだ」ということがわかりやすいのと、書いている方も流れを作りやすいからです。

でも、そのテーマが見つからない

でもそもそも何について書こうということが決まらない、ということもあるかもしれません。一番良いのは自分の趣味について書くこと。好きなことについて語るのは飽きないからです。

もう一つは仕事について。一つの分野を長くやってきた人なら、営業について、人事について、経理についてなどかけると思います。

例えば、人事異動で全く未知の人事部で仕事をすることになってしまった人に、人事部ってどんなことをしているのか、仕事を進めるにあたってどんなことを学べばいいか、自分の体験談など、生の声をのせることが出来ると思います。

最後は「新たに勉強する」というのもおすすめです。

今まで関わったことのない分野のことでも、新たに勉強を始めて、それを習得していく過程を書くとか。私はアロマテラピーがそうでした。

当時、私が受けたかった試験についての情報がほとんどなく、公式テキストもなかったため、どうやって勉強したら良いのかわからなかったんです。

そこで、勉強するにあたってどんな書籍を使ったか、どうやって必要な用語を覚えたか、記述試験はどうやって対策したかなど、これから試験を受けようとする人のために役立つ記事を書こうと思いました。

ですから、たとえばこれからゴルフを始めてみよう!と思ったら道具選びからして初心者にはわからないですよね。

何をポイントにして選べば良いのか、どこに習いにいけばいいのか、コースデビューはどうする?など、自分の成長期の様に楽しんで書いていけるのではないでしょうか。




ネタ探しには散歩に出よう

日常のことを書いているブログだと、それこそネタがなくなってしまうこともあるかもしれません。平凡な日常だと、それほど変わったことなど起きないですからね。

でも本当にそうでしょうか。

ネタはあちこちに転がっているものです。天気もネタになるし、朝起きた時の気持ち、食事をしている時に感じたことなど、書こうと思えばいくらでもネタはあります。

それでもネタが見つからなくて困っている場合は、散歩がおすすめ!

散歩というかですね、環境を変えることです。パソコンの前に座っていてもネタは降りてこない。だから、街に出るんです。

特に目的もなく歩いてもいいし、買い物がてら商店街に行ってもいい。いつもと違う道を通ったら思わぬ発見があるかもしれないし、珍しいものを見つけるかもしれない。

私は不思議と、娘の保育園の送り迎えのときにネタが降ってくることが多いです。

あ、メモ帳は必須ですよ。思いついたことがあれば必ずメモして下さい。それがネタ帳になるから。

アクセスを気にしない

せっかく書いているブログを誰も見てくれない・・・これは確かにモチベーションが下がりますよね。アクセスが増えればやる気も出るけど、1日数件では・・・。

でも、始めた当初は「ゼロ」だって全然珍しくないんです。1日数件でもアクセスがあるだけいいと思います。

1件でもいい、その来てくれた一人のために書きましょう。これだけたくさんあるブログの中で、縁があって自分のブログに来てくれた人です。

その人が次の記事も楽しみにしてくれるように、その人に話しかけるように、ためになる記事、心が動かされるような記事を書いていくことを心がければ、アクセスは徐々に増えていくでしょう。

そのために「ターゲットを決める」というのも大事なんですけどね。

続けることに意義がある

3ヶ月程度で休眠状態になるブログがほとんどなんだそうですよ。ということは、続けているだけでもアクセスが伸びる可能性はあるわけだし、中身も大事だけどまずは「続ける」というところに重点を置いてもいいかもしれませんね。

どんなことでもいいから日常の中からネタを探して、書き続ける。そのうち、思ったような文章がかけるようになるはずです。




ブログのネタに困ったら?ブログを続けていくためのコツ

ブログ

ブログ

フリーランス、個人事業主として活動していくためには「自分メディア」が不可欠です。お金もないし知名度も無いのですから、企業と同じようなことをしていてもダメで、だからこそ「自分にしか発信できないこと」で自分なりの世界観を打ち出していく。

それによってお客様との信頼関係を作っていく。好きなように自分の世界観を発信できるのですから、それこそが企業には出来ない自分なりの武器になりますよね。

自分なりの価値観や読んでくれた人の行動が変わるような役に立つ情報を発信していくわけですが、誰でもやれるのが「ブログ」という形。とりあえずは無料でも出来ますし、思い立ったその日から「自分メディア」を作っていくことが出来ます。

◆ブログを育てるには時間がかかる

ブログは記事をいくつか書けば誰でも見に来てくれる、そういうものではありません。質の高いコンテンツ、人の役に立つ記事を提供し続けてこそ評価されるようになります。

たまに「簡単に○○PV稼ぐ方法」など、裏技を使えばPVが上がって検索上位にきますよ、などという方法を教える怪しいサイトもありますけど、そういう裏技的なことはやめた方がいい。

息の長いサイト、ずっと残り続けるサイトを時間をかけて作っていく方が、長い目で見るとずっと収益になります。最低でも数ヶ月、半年、なかなかPVが上がらなくてもあきらめずに改善し続けていくことが大切です。



◆ブログのネタに困ったら

とはいえ、ネタに困るからブログが続かなくなったり、裏技に頼りたくなるんですよね。そこで、ネタに困ったときのヒントをいくつかご紹介しましょう。

1.好きなサイトを研究すること
コピペをするんじゃなくて、どういう構成で作られているか、どんなネタを提供しているかを研究する。

2.写真を撮ってその日に感じたことを書く
Facebook的な使い方ですが、何も感じない日はないでしょう。季節でも何でも話題になります。

3.今日あったいいことを書く

4.自分の趣味についてひたすら書く
好きなことならネタがつきることもないでしょう。

5.ニッチなネタを探す
誰もが興味のあることより、マイナーな話題の方が濃いファンが多かったりする

6.今悩んでいることを書く
悩みの無い人はいないですね。同じ悩みを持つ人が見てくれるかも。その悩みの原因や解消法を書いてあげるといいです。

7.初心者のために細かく書く
誰もが知っていそうなことでも、初めてその言葉を目にした人がわかるように事細かに書いてあげる。出し尽くされたかと思うようなネタでも、他のサイトを見ると意外と不親切なものが多いです。そこを丁寧に書いてあげると人の役に立つ記事が作れます。

◆始めるのは簡単、続けるのが大変

ブログは始めるのは簡単です。でも、続けるのは本当に大変。人によっては数記事であきらめてしまう人も。

無名の個人がお金をかけずに収入を生み出そうと思ったらそれなりに時間も手間もかかるんです。というより、お金がないなら時間と手間をかけないと、収益なんて生み出せません。

お金がないなら頭を使わないと。

ブログでも何でも、収益を生み出している人たちは例外無く「続けている」人たちです。行動し続けることが結果を生み出します。



アクセス数に影響するキーワードの選び方と組み合わせ

キーワード

キーワード

ブログを書く時に、どのくらいキーワドを意識していますか?
記事を書くのに慣れてきたら、今度はキーワードも意識して書くようにしましょう。

私もついこの間まで、キーワードを選んでいるつもりでちっとも考えられていなかったんですよね。これからブログを作るなら、誰もが使うキーワードで検索上位になるなんてとても難しい。

ではどうやってキーワードを選べば良いのでしょうか。

◆キーワードの選び方

何かを検索するとき、自分がどうやって言葉を入れるか、その選び方を考えて見るとわかります。

「ブログ 書き方」
「ブログ 作り方」
「ブログ 無料 おすすめ」
など、複数の言葉で調べますよね。

この組み合わせで、検索している人が何を知りたいのか、ということがわかります。

一口に「ブログ」といっても、ブログの記事の書き方を知りたいのか、ブログの構成とかデザインとか立ち上げ方を知りたいのか、これから無料ブログはどれがいいかを探そうとしているのか、目的が違うんです。

ということは、まずブログを読んでくれる人がどういう人で、何を知りたがっているのか、それがわからないといけないということですね。

そのブログでどんなことを提供できるのか

では、例えばブログの書き方を知りたいと思っている人に、どんな記事を提供していけばいいか。

ブログのネタ探しの方法なら「ブログ 書き方 ネタ」
ブログを継続して書いていく方法なら「ブログ 書き方 続ける」
アクセスが集まる記事とはどのようなものか、「ブログ 書き方 アクセス」
ほんとに始めてで右も左も分からない人に「ブログ 書き方 初心者」
など、もう一つキーワードをプラスすることで、さらにどんな書き方を知りたがっているのかというニーズに応えるキーワードになりますね。

ブログは検索してきた人に対する答えを提供するものなので、そこにたどり着いてくれた人にドンピシャの答えを提供できれば「役に立つブログ」になるわけです。

キーワードはブログで提供できることを端的に表したものだと思えばいいですね。

<スポンサードリンク>



◆ミドル〜スモールキーワードを狙う

調べ物をする時に「○○とは」と入力することが多いと思いますが、たくさん検索される言葉というのはそれだけ競争率も高く、その言葉を使ってもすでにアクセスが集まっているサイトにはなかなか勝てません。

だから、もっと行動を狭めたキーワードにするんです。

たとえば、私は他にアロマテラピーのサイトも作っていますが、「アロマテラピー」ではもうライバルが多すぎて話にならないので、一つ一つの精油についてのキーワードをよく使います。
「ローズ 効能」
「ローズ 効果」
「ローズ スキンケア」
など、精油の名前にキーワードを追加して、その組み合わせで記事を書くことが多いのですが、その言葉選びが大事。

「効果」より「効能」の方が検索件数は少ないのですが、その分、まだ自分のサイトが上位に来る可能性がありますよね。こんな風に、組み合わせる言葉の汎用性も大事。

あまりに人気がある言葉を選ぶとなかなか上位を狙えませんが、数が少なくてもニッチな言葉を選んでいくと検索上位に来る可能性が高くなります。

検索件数が少ないということは、サイトのアクセスも爆発的には増えませんが、キーワードをしっかり選んで記事を溜めていくと段々ブログが育ってきます。

◆「答え」を意識する

なんらかの方法でブログにたどり着いてくれた人は、タイトルなどを見て、「このブログを読んでみよう」と思ってくれたわけですが、記事にそれに対する答えが書いてなかったらがっかりされてしまいます。

また、タイトルと記事の中身がかけはなれているのもよくないですね。

必ずブログのタイトルの答えを書くように意識してみて下さい。記事の中には、検索する時に使うであろうキーワードを盛り込んで。

<スポンサードリンク>



無料レンタルサーバーでもワードプレスが使える

WordPress

WordPress

ワードプレスを使ってみたい、でもサーバーを借りたり、インストールしたりとちょっと面倒そう。

そんな方に、始めて使うサーバーとしておすすめなのがエックスドメインです。 無料で1GBのサーバーを借りることが出来ます。

<エックスドメインとエックスサーバーの比較>

項目 エックスドメイン エックスサーバー
月額料金 無料 900円〜
ディスク容量 1GB 200GB
広告表示 基本的になし なし
サポート なし メールと電話
独自ドメイン 10個 無制限
サブドメイン 50個 無制限

このサイトもエックスドメインでワードプレスをインストールして作っています。ほかにも4つほどサイトを作っていますが、基本的には文章メインのサイトなのでそれほどの容量を必要としていません。

独自ドメインを1つでも取得すれば容量は10GBまで増えるので、それだけあれば当面は十分です。

容量がいっぱいになってきたら、上位サーバーの「エックスサーバー」に切り替えるのも簡単なので、とりあえずはワードプレスの扱いに慣れてみよう!と思ってサーバーを借りて、そのまま使っている状態です。特に不具合もありません。

◆ドメイン代だけでウェブサイトを作れる

サーバーを借りると、エックスドメインから割り当てられているドメインがあるので、それを使ってワードプレスのサイトを作ることは出来ます。私も始めてのときはそれで色々とカスタマイズする練習をしました。

そして本格的にウェブサイトを作っていこうと思い、ドメインを取得することに。

ドメインは色々種類がありますが、「.com」を使いたかったので、それで取得しました。年間費用が1180円(税抜き)ですから、それで1つのサイトが運営できる、というわけです。

しかも、ドメイン未取得でも利用が可能です。

有料のレンタルサーバーだとサポートも色々ついているというメリットもありますが、とりあえず簡単なサイトを作るだけならこれで十分かと思います。電話サポートなどはありませんが、一応マニュアルなどもあるので十分です。

◆ドメイン取得キャンペーン中

今、エックスドメインではドメインプレゼント&ドメイン割引のキャンペーン中です。

期間:2016年10月4日(火)12:00 ~ 2016年11月30日(水)18:00まで
割引対象ドメイン:
info(1380円→580円)
co.jp(3760円→2580円)
me(2480円→880円)
mobi(1980円→580円)
asia(1980円→680円)
red、pink、blue(1480円→580円)
black(4980円→580円)

2年目以降は通常価格になりますが、1年目がこれだけ割引になるのは大きいですね。



ずっと使えるブログ&サイト制作で大事な7つのこと

ブログ

ブログ

副収入を得たい、独立したい、色々な目的でブログやウェブサイト作りを始められると思いますが、作ったからといってすぐにアクセスが集まるわけではありません。

最初のうちは、訪問者が0件、などという日もあります。

でもあきらめないで続けることが大事なんです。そして、続けていくには内容を何度も見返して改善を繰り返していくこと。ウェブのいいところは何度も記事を書き直せるところですから、アクセスが集まらないのには理由があるはず。それを見つけて改善していくことです。

では、これからブログを始めようと思っているブログ初心者、初級者の方から、ちょっとがんばっているんだけどなかなかアクセスが集まらない、という方まで使える大事なポイントをおさらいしてみたいと思います。

1.ターゲットは誰?

誰に向けて記事を書いているのか、ターゲットを明確にすること。これがとても大事ですね。これが決まっていないと、ものすごく漠然とした内容になってしまうので、誰か一人を頭に置いて書くといいです。

そのためには、ブログ(またはウェブサイト)のコンセプトを明確にすることです。

私が別に作っているサイトで美容関係のものがありますが、それは「仕事をしていて、子どももいて、スキンケアは好きなんだけど、正直あまりお金はかけずに効果が欲しいと思っている」40代半ばの女性を思い浮かべながら書いています。

実際には、その人の容姿、髪型、好きな服などもしっかりと設定して書いていますよ。これを「ペルソナ」と言いますが、これが明確になっていると、その人に向かって話すように記事を書けばいいので、ライティングが楽になります。

どんな人を相手に書いたら良いかわからない、という方はこちらの「ペルソナ設定シート」を使ってみて下さい。




2.読みたくなるタイトル

タイトル、これが一番難しいかもしれないですね。タイトルで読むか読まないかを判断されてしまうので、どれほどいいことを書こうと、タイトルが魅力的でないとクリックすらしてもらえないということです。

タイトルは30文字前後で設定しましょう。必ず、検索して欲しいキーワードを盛り込みます。そして、タイトルを見ただけでどんなことが書いてあるのかがある程度わかるようにします。

たとえば、
「ブログの書き方」より
「初心者でもわかるブログの書き方」
「初心者でもわかるブログの書き方3つのポイント」
「初心者でもわかる、アクセスの集まるブログの書き方3つのポイント」

と、ちょっとずつ装飾していった方がわかりやすいと思いませんか。

タイトル上手になるには、自分が何か調べものをした時に上位に来るサイトや目が止まったサイトを参考にしてみるといいです。読んでみたくなるタイトルを常日頃からチェックします。

ただ、そのままコピペして真似しちゃダメですよ。特に同業者のブログは。他の業界のブログ等でこれはいいなと思ったタイトルを集めておいて、それをアレンジして使うと考えやすいですよ。

3.読みやすさを追求した段落分け

ずーっと長文が続くと圧迫感があって読みづらいですね。1段落は200文字以下が良いといわれています。投稿する前、もしくは投稿した後でも必ず見た目を確認することです。

そして、内容のまとまりごとに見出しを付けましょう。そうすることで、位置から全部読まなくてもザッと見出しを見るだけでも内容の把握が出来て記事全体がわかりやすくなります。

4.パット目に入る文字装飾

大事なことは太字にしたり、色を付けたりするとメリハリが出ます。

ただし、色を使いすぎたり、装飾しすぎるとごちゃごちゃしてかえってみづらくなるので、読者が見た時にどう見えるか、ということを確認することが大事です。

5.目を引く写真

アイキャッチ画像といって、読者の目を引く写真ですね、これはとても大事です。当然、記事の内容と関係のある写真にして下さいね。

写真はサイトのイメージとも重なりますから、テイストが同じものを使うと統一感が出ます。

6.スマホを意識した文字数

読者の半数以上はスマホで見てくれています。書いた記事をパソコンで確認するのはもちろん、スマホでも見てみて下さいね。

1行、1段落の文字数が多すぎるとスマホの画面が文字でいっぱいになってしまい、圧迫感があります。それだけで読む気が失せて、離脱されてしまいます。

7.記事の見直し

何度も、いつでも、過去記事の見直しをして下さい。その時はよく書けたと思っても、時間をおいて見てみると「なんでこんなこと書いてるんだろう」と思うことはよくあります。

アクセス解析もして、アクセスの少ないページは中身もタイトルもキーワードも改善してきましょう。

◆大事に作り込んで下さい

パソコンを使ってインターネットで収入を得ていくには資格もいらないし、誰でもいつでも始められます。でもこれは経営と同じ。始めるのは簡単だけど、続けるのは難しいんです。

しかも、せっかくがんばって記事を書いているのに、アクセスが伸びないとモチベーションが続きませんよね。でも、この道で成功している人たちは、例外無く「続けている」人たちです。

ブログやウェブサイトは財産です。おかしなその場しのぎのテクニックではなくて、読者のためになることを書いていこう!という気持ちがあれば、ちゃんと収入に結びついていきます。

あきらめないで、大事に丁寧に作り込んでいって下さいね。




SEO対策の本質は魅力のあるサイト作り

ウェブサイト パソコン

ウェブサイト パソコン

「Webライティングと紙のライティングの違いとは?」
「そもそもSEO対策とは何なのか?その基礎の基礎。」

2回にわたって、SEOってそもそもどういうことなんだろうということを簡単に説明しました。

小手先のテクニックを色々紹介してあるウェブサイトもたくさんありますが、自分のサイトをたくさんの人に見てもらうには、やっぱり「人の役に立つサイト」「価値のあるサイト」、これを作る努力が不可欠なのです。

だからこれからは、検索エンジンをだまそうとするのではなくて、価値ある情報を、必要としている人たちに効果的に伝えること、これを考えていかないといけませんよね。

そのために必要なのがWebライティングの技術です。

キーワードを抑えながらも読みやすい文章を書くこと。伝わる文章を書くことです。

どんなにいい商品、サービスを持っていても人の目に留まり、その価値が伝わらなくてはダメなんです。

<スポンサードリンク>



◆オリジナルコンテンツの重要性

検索エンジンではオリジナリティの高いコンテンツが多いほどよいウェブサイトだと評価されます。ですから、他のサイトのコピペなどは厳禁。引用が多すぎるのも考えものです。

オリジナルコンテンツとして評価されやすいポイントは、

  • 季節もので終わらない話題になるテーマ
  • 読んだ人に実際に行動を起こさせるような内容の濃い文章
  • 見やすい構成、形式、キャッチコピー

読者にとって利便性が高く、役に立つということですね。
自分の言葉で、わかりやすく、価値を伝えていくこと。これがとても大切です。

そして、検索エンジンに発見してもらい、しっかり正確な評価をしてもらうには、適切なキーワード選び、GoogleのSearch Consoleなどを使い、サイトマップをGoogle側に送信するなど、検索エンジンにウェブサイトの情報を伝える努力も必要です。



そもそもSEO対策とは何なのか?その基礎の基礎。

535152197

ウェブサイトやブログを運営していくうえで欠かせないのが「SEO対策」です。

まったくの趣味で、別に見られなくてもいいブログなら何もしなくても良いのですが、わざわざウェブ上で自分の投稿を公開するのですからたくさんの人に見てもらいたいですよね。

ましてビジネスや自分の仕事に直結するものならなおさらです。

でもSEO対策が大切だということは知っていても、具体的にどんなことをすればいいのかというとはっきり答えられる人は少ないのではないかと思います。

今回はSEO対策の基礎の基礎についてお話しします。

◆そもそもSEO対策とはどのようなこと?

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字をとった略語です。検索エンジンとはGoogleだけでなく、Yahoo!などさまざまありますが、その検索結果の上位に表示させようとする対策のこと。

たとえばサイドビジネスのコンサルタントなどのウェブサイトは「副業 サラリーマン」「副業 会社員」などで検索されますね。その狙ったキーワードで上位表示させるための対策がSEO対策なのです。

◆自分のウェブサイトへの道筋を作ること

SEO対策をする上で、コンテンツキーワードはとても大切ですね。例えばあなたの商品を買ってくれるお客様をとらえるには、どうするか?

「○○ 激安」という言葉なら、価格を比較して安いものを買おうとしている人、
「○○ おすすめ」という言葉なら、まだ価格よりもどんなものがあるのか知りたい人、
「○○ 口コミ」なら、使ってみた感想を読んで購入を決めようとしている人、
組み合わせる言葉によって、見てくれるお客様が違う、ということです。

あなたのウェブサイトにどうやってお客様を呼び込むのか、その道筋を作るのがSEO対策ということです。

<スポンサードリンク>



◆しかし答えがないのがSEO対策

SEOってどういうことか、なんとなくイメージがわいたと思いますが、SEO対策が難しいのはどれが正解なのかがわからないということです。

つまり、色々やってみて、様々な「役立つ」「価値のある」コンテンツをを投稿して、その反響を見ながらウェブサイトを改善していくというのが、遠回りなようで一番の近道です。

実際にウェブサイトを作ってから数ヶ月、長い場合は1年くらい経ってもたいした反響がないこともあります。インターネットの世界には膨大な数のウェブサイトがありますから、検索エンジンに認識してもらうだけでも大変なのです。

反響がなくてもあきらめずに投稿を続け、数字を見ながらキーワードや中身を改善し、そしてウェブサイトを育てていく。これが一番のSEO対策になるはずです。



WordPressとJimdoの比較〜どちらが使いやすい?

workstation-405747_1280

これからブログやホームページを立ち上げて
情報発信をしていこう!と思っている方の中には
サービスが多すぎてどれを使ったらいいのかわからない・・・
と思っている方も多いと思います。

私も色々使ってきました。

アメブロ、WordPress、Jimdo、Wix、
エキサイトブログ、楽天ブログ、など。

このうち、アメブロや楽天ブログなど
特定の会社が運営するブログサービスは
使いやすい反面、広告なども入りますし、
「自分のメディア」を育てる、ということにはなりませんよね。

ですから、価値ある情報提供をし、
そこからお客様を集めていこう!と思っているなら
独自ドメインで運営する方法を考えた方が良いと思います。

そこで、私が使ってみた個人的な感想になってしまいますが、
WordPressとJimdoについて、
どちらが良いかという比較についてお話したいと思います。

【WordPress】

素人には敷居が高い?
いやいや、今は親切に使い方を開設してくれているブログもありますし、レンタルサーバーによっては自動インストール機能がついていますので、それほど難しくはありませんよ。
とにかく情報量が多く、記事を積み上げていくタイプのサイトを作るならこちらが良いと思います。

■メリット

1 検索エンジンにかかりやすい。
→Jimdoで運営していたサイトよりも、あとからWordPressで作ったサイトの方が上位にきていたりする。

2 カスタマイズしやすい。
→無料テーマ(テンプレート)は無数にあるし、有料の素敵なデザインのものもたくさんあります。
プラグインなど自由に組み合わせて自分なりのサイトが作れます

3 元々がブログサービスなので記事をためていくタイプのサイトを作りやすい。
→カテゴリ表示や人気記事の表示など、過去の記事を見せる方法も多数。

■デメリット

1 サーバーがないと使えないのでレンタルする必要がある。
→私はエックスドメイン(無料)を使っています。

2 自分でカスタマイズするタイプのブログなので、プラグインなど色々装着しないといけない。
→便利なプラグインについて開設してくれているブログがたくさんあるので大丈夫。

3 アップデートが頻繁で面倒くさい
→気にしない人もいると思いますが、テーマやプラグイン、本体のバージョンなどアップデートが多く、自分でメンテナンスしないといけないのでめんどうです。

【Jimdo】

私も初めて独自ドメインで運営したサイトはJimdoでした。
KDDIが運営しているサービスです。
無料版から始め、記事がある程度たまったところで有料版に切り替えました。
サロンのHPなど、小規模で良いならこちらがおすすめです。

■メリット

・メールアドレスがあればすぐに開設できる。
→フリーアドレスで大丈夫です。

・デザインはテンプレートを選ぶだけ
→カスタマイズもできますが、まずは選ぶだけで。それほど豊富にはないのですが、まずはこれでいいか、というレベル。

・HTMLの知識などなくてもすぐに使える。
→文章、画像、など入れたいものを選んで入力するだけ。

・ページのレイアウトが組みやすい。
→写真を左に寄せて文章を右に、などレイアウトの調整がしやすいです(カラム機能)。

・管理画面(編集画面)がそのままページのデザインになっているので見た目が確認しやすい。

■デメリット

・サーバーにアクセスできないので、まとめてバックアップを取る作業ができない
(記事をアップするごとに取っておく必要があります)

・たまにアクセス障害が起きる。
(私の割当のサーバーがそうだったのかもしれません)

【結局どちらが良いのか】

どんなサイトを作りたいのか、によると思います。

私は最初、アロマテラピーの使い方やレシピ、
検定や資格試験に関する情報を載せるためにサイトを作りました。

こちらです→「メディカルアロマ研究所」(Jimdo)

元々はタイトルも違い、「精油ガイド」のようなものを作ろうと思って始めたサイトでしたが
もっともっとアロマテラピーの実践の仕方などブログの内容を充実させようと思った時に
Jimdoではブログ表示がいまいちなんですね。

ブログ記事をためて、それでアクセスを取るための形になっていない、と思います。

なんというか、記事がたまるほど過去記事を読みにくい。
(それでも一応、ブログは更新していますよ)

加えて、書きたい内容がちょっと多岐に渡ってしまい、
何のサイトなのかわかりづらくなってしまったため、
テーマを絞るために、別サイトをつくることにしました。

なので、このサイトは当初の予定通り「精油ガイド」をもっと充実させ
アロマショップやメーカー情報などを載せていこうと思っています。

で、ブログ中心のWordPressのサイトは別に作りました。

こちらの方は、どんどん記事をためることによってアクセスを集めるサイトにしたいからです。
(まだまだ記事数がたりませんが(^^;))

ちなみにこのサイトもWordPressです。

サイトを移行する時に、ドメインごと移動するのが面倒だったので
Jimdoの独自ドメインはそのまま残し、
エックスドメインにて独自ドメインを取得、
別サイトをWordPressで作りました。

そして、元々のサイトのテーマからちょっとずれている部分だけ
手作業で記事を移行しました。

結論としては、
●カタログ型の様なサイトはJimdoがおすすめ
●ブログを積み上げていくようなサイトはWordPressがおすすめ

だと思います。

だから、「SEO的にWordPressがいい!」と言われているからといって
何でもかんでもWordPressがいいかというとそうではなくて、
どんなサイトを作りたいのか、
総ページは何ページくらい?
どんな人に見てもらって、どんなアクションを起こしてもらうためのサイトか、など
用途に応じて選べば良いと思います。

ちなみに料金としては、Jimdo有料版でも1万円ちょっとです。
サーバー代も込みなので、まあこんなものでしょう。
有料版になるとアクセス解析も使えますし、

WordPressを使うなら、レンタルサーバー代と独自ドメイン代がかかりますが
私はサーバーはまだ無料版(エックスドメイン)を使っているので
独自ドメイン代(年間1200円程度)です。

本格的にウェブサイトを運営するなら
エックスサーバーがおすすめです。
機能が多いのに月額1000円から使えます。



文章が苦手でも苦もなくブログを書き続ける方法

blog-1027861_1920

文章を書くのが苦手なので、
ブログを毎日書くことが難しい・・・

そんなご相談を受けることがあります。

実は、そのような方におすすめの方法があるんです。
それは・・・

話すように書くこと。

「ブログを書こう!」と思うと
ネタがない、
どう書いたらいいかわからない、と
手が止まってしまうのでは?

書こうとするのではなくて
話す、と思えば少しハードルが低くなりませんか。

ビジネスを始めて間もない頃は実績もないし、
商品やサービスが売れているわけではないから
お客様の声もないし、
なにより自信がないし・・・

と、ネタに困っている方も少なくないですね。

だからこそ、あなたの”思い”を話して下さい。

これからあなたの商品(サービス)を買ってくれるであろう、
理想のお客様に向かって、
あなたがなぜこのビジネスを始めようと思ったのか、
なぜこの商品がおすすめなのか、
また、あなた自身がその商品でどのように変わったのかなど
あなた自身の言葉で話して下さい。

うまく書こうとか、そんなことは気にせずに。

人の心を動かす文章は
決して”うまい”からではありません。

あなたの思いがそこに乗っているかどうか、
その方が大事です。

もちろん、見やすくしたり
読みやすくしたり、
いわゆる「読者目線」「お客様目線」での
見せ方というのもあるのですが、

まずは書くこと、
書き続けることの方が大事です。

スキルはそのあとから。

さあ、今日からあなたの思いを
話し言葉で発信していきましょう。

【今日のミニワーク】
あなたが今ブログで一番伝えたいことは何ですか