マインドセット

サービス・商品の価格を決めるときのブレーキ

business-idea-831053_1920

あなたが売ろうとしている商品(またはサービス)の価格は、相場と比べてどうでしょうか?

この、「相場と比べて」というのがくせ者です。

人と比べてあまりに高いと売れない、たいていの人はそう思い込んでいます。でも本当にそうでしょうか?普通に考えたらめちゃめちゃ高いのに思わず買ってしまった、そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

そうです。
人がものを買う時は「価格」だけで決めるわけではない。

むしろ、「安すぎる」ものには価値を感じない、そんな風に思いませんか?

安いものを買って、思ったよりも良ければ儲け物と思いますが、ダメだったとしても「お値段なり」だと思ってまあ我慢も出来るでしょう。

つまり、最初から期待していない、ということです。
期待していない商品は中身をあまり吟味しませんよね。
値段さえ安ければいいと思ってしまう。

あなたの商品がしっかり価値を磨いて、その価値を伝える努力をしていないと、こういった価格競争に巻き込まれます。そして、価値なんて見てもらえずに価格だけで選ばれるようになります。

<スポンサードリンク>



◆価格は覚悟を決めて自分で設定すること

私もコンサルタントに「価格が高すぎる」と言われたことがあります。

フロントエンド商品は無料かかなり低価格に、ミドルエンド商品はそれより少し高く、そしてバックエンドで思いっきり高額に、と。

その理論はわかります。
ただそれは、そういった商品設計をしている場合であって、すべてにあてはまらないのでは?とちょっとこのとき疑問に思いました。

というのも、セミナーなど、本当にメルマガなどを読んでいて「本当に行ってみたい」と思ったものは、別に3000円でなくても行くからです。私は去年、あるセラピストさんのセミナーに行きました。その方のセミナーは初めてでしたが、19800円でした。でも別に高いとは思わなかった。

自分で「この値段で大丈夫かな・・・」と思っているうちはいくらにしようと売れないんですよ。

逆に覚悟を決めて、この商品には素晴らしい価値がある!と信じ、その価値を提供し続ける、伝え続ける努力をしていけばいくらに設定しようと売れるようになります。



常に、備えよ。

分かれ道




分かれ道

自分の思い描いた道を進めるかどうか
チャンスをつかめるかどうかは才能じゃない。

特別な才能があった人だけが成功できるんだと思っている人が多いかもしれないけど、決してそうじゃないと思う。

美しい人はみな、自己管理ができているという本に、ある女優さんのエピソードが紹介されています。

いつどんなオファーが来ても受けられるように、忙しいさなか本を読み、英語を学び、どんな役が来ても対応できるように常に自分を磨いていたとのこと。

「いつ仕事が途絶えるか、この世界はわからない。だからこそ、来たチャンスを最大限活かし続け、実績を作っていくしかないのです。」

これ、そっくりそのまま私たちにも当てはまります。

フリーランスとか、会社員とか関係ありませんよ。

会社員は自分を磨く必要がない、学び続ける必要がないなんて思っている人がいたらそれは大間違いです。たぶん、どの世界に行っても一流にはなれません。

常に備える。
いつかチャンスが来た時に、しっかりつかめるように。

あなたはその「いつか」に備えて
準備していること、学び続けていることはありますか?



どんな形のビジネスでも、パソコンの向こう側には生身の人がいる

ノート



ノート

私は今、家で仕事をしています。

ご希望に合わせてアロマコンサルタントとしてアロマのブレンドを作ったり、WEBライターとして記事を書いたりしています。

実際に人と会うことはほとんどありません。基本的にはネット上でのやり取りですんでしまうからです。

便利といえば便利ですが、実はこれ、生身の人と会うよりもずっと大変なんですよ。

会いに行くための時間などは節約できるとしても、目の前に相手がいないのですから表情や声がわかりません。ですから、オーダーを受ける際に、出来るだけ丁寧にやり取りをしないと、相手の方の希望をきちんと把握できないのです。

書き言葉では、微妙なニュアンスが伝わらないこともありますからね。

だからこそ、ネット上でのやり取りは対面よりももっと丁寧な対応が求められるわけです。

家で仕事できて人にも合わない仕事って楽でいいなと思っている人がいたら、それは大間違いです。

ある意味、文字の力だけで仕事をとっていかなければいけないわけですし、実際会ったこともない私という人間を信用してもらわなくてはなりません。

メールなど文字だけのやり取りは、何気なく発した言葉が思いのほか「冷たい印象」として相手に伝わってしまうことも少なくないのです。

ネットを使ってする仕事の基本中の基本、常に意識しておかなくてはいけないこと、それは
「パソコンの向こう側には生身の人がいる」ということです。

ネットか対面かは単なる手段の違いです。人と信頼関係を築くにはどうするか。その基本は、手段とは別の話。

やり取りが電話だろうがメールだろうが、ただものを売ろうとするだけでなく、「信頼関係を築くためのやり取りをしている」ということを絶対に忘れてはいけません。

▼▼WordPressでブログを始めたいなら▼▼


セオリーを無視したら売れないのか

パソコン一つで稼ぐ

パソコンひとつあれば仕事はできる!

コンサルタントというものに対して
とても疑問を感じる今日この頃。

 

というのも、どの人も
本を読めばわかるような
売れるセオリーはたくさん知っていて

 

私も去年は色々セミナーに行ったりもしたけれど

 

この人はすごい!
この人の教えを受けたい!
と思った人は、一人でした。

 

一人でもいたら良しとするか、ですけどね。

 

というのも、
みんなやりたいことで稼いでいきたい、と
思っているわけです。

 

でも、コンサルタントは
それでは売れない、
こういう商品を開発しないと、と
自分のやり方を押し付けるわけです。

 

確かに、「今」ニーズがあって
それをマーケティング理論に基づいて
広告出したり、拡散するための行動をすれば
ある程度は売れるかもしれないし、
目先の売上を確保するためには
必要な方法かも知れません。

 

でもね、本当にそうなのか、と思うのです。

 

人の心は機械じゃありません。
心理学でなんでもかんでも
分析できるものではないし
理論で割り切れるものではないのです。

 

コンサルタントの言いなりになっていたら
たぶん、一生売れないと思います。

 

あなたがやりたいこと、
売りたいもの、それで何を実現したいのか。

 

それをしっかりと見つめること。
そこを突き詰めていけば
どのようにそれを売ればいいのか
あなたにしかわからない方法が
きっと生まれるはず。

 

もちろん、コピーライティングの知識とか
セールスライティングのスキルとか
マーケティングの理論も必要ですよ。
いらないと言っているわけではありません。

 

そのスキルだけに走らないで
マインドをしっかり保つことが大切だと思うのです。

 

私は当初、アロマテラピーで
独立したいと思いました。

 

アロマの世界で食べていくって
すごく難しいんですよ。

 

マッサージする人ならいざ知らず
(いや、自分のサロンを維持するのは難しい)

 

私はアロマを教えたい、
アロマの素晴らしさを広めていきたい、と
思っていたので、
こりゃあなかなかお金にならんわけです。

 

で、同時にコピーライティングの勉強なども始めて
そしたらライターとしての仕事もできるようになって
一石二鳥なのですが、
どちらの仕事も私にとっては
やりたいことを実現するために
不可欠なのです。

 

私がやりたいことは、
・女性も男性ももっと自由に、好きなことをして生きていける世の中を作りたい
・子どもたちが産まれてきてよかったと思える世の中を作りたい
・それぞれがやりたいことをやって納得のいく人生を送れる世の中を作りたい

こんなことです。

 

これを実現するためには、
アロマテラピーもライティングも役に立ちます。

 

そう、仕事の内容は「スキル」にすぎず、
何をやって生きていきたいのか、
それを明確にする方が先だと思うのです。

 

だから、なかなか収入が上がらないと
お悩みのフリーランス、個人事業主の方、
まずは自分が何をやりたいのか、
いまいちどじっくりと考えてみるといいかもしれませんよ。

どんな仕事にも絶対に必要なもの

woman-888406_1280

会社員であっても
フリーランスであっても
社長であっても

仕事をする上で絶対に必要なもの。

なんだと思いますか。

お金?
人脈?
スキル?

どれも大事ですね。
あるに越したことはない。
あった方が役に立つ。

でも、それよりも大事なものがあると思うのです。

それは、「誠意」

自分の仕事に対して
扱う商品(サービス)に対して
そしてお客様に対して

全てに誠意が必要だと思っています。

そんなの当たり前じゃない、と
もし思われたのなら
それはあなたが真っ当な感覚の持ち主だからです。

広告で多少大げさに表現するのはいいでしょう。
広告はインパクトが大事だから。

でも、嘘はいけない。
ないモノをあるように言ったり、
できないことをできるように言ったり。

相手に嘘をついているうちはまだいい。
ばれないうちにやめればまだ救いがある。

しかし、自分につく嘘は始末が悪い。
自分につく嘘は、
だんだん自分を蝕んでいくんですよ。

そして、本人はそのことに気づかない。

何事も正直に誠意を持って
取り組んでいかないと
結局はツケが自分に回ってきます。

根っこにしっかりした誠意を持って
その上でのスキルとか人脈なんですよ。

私は何のためにこの仕事をしているのか、
常にその気持ちを忘れないで
目の前の仕事に誠意を持って取り組む人だけが
望む結果を手に入れられるのです。

<スポンサードリンク>



副業じゃなくて「複業」のすすめ

daisies-676368_1280

「副業」というと
「本業」があって、
他にプラスアルファとして
何か違うことをやっている
イメージがありませんか。

私がオススメしているのは
「複業」です。
複数のキャッシュポイントをもつということ。

どれかを本業とするのではなく
全てが本業。

だから、どれかひとつがつぶれても大丈夫。

そんな理想の状態を作ること。
これからのサラリーマンに必要なことではないでしょうか。

◆キャッシュポイントは多ければ多いほどいい

複数のスキルを磨き
複数のキャッシュポイントを作る。
できれば不労所得が理想ですが、
まずはどんな形でもいい、
キャッシュになることを目指しましょう。

会社員でもいくらでもできるはず。
今の仕事上培ってきたスキルでもいいし、
趣味のスキルでもいい。

または、自分の強みを生かせる分野。
いずれにしても、飽きずに続けられることが一番です。

「お金になる」といわれたものでも、
自分が好きになれないこと、
打ち込めないことは続かないので。

ひとつひとつがたくさん稼げなくてもいいんです。
1つが1万円でも
5つ集まったら5万円です。
少しずつ、単価が増えるようにしていけばいい。

この不安定な時代に
「雇われる」ことだけに期待してはいけない。

自分でキャッシュを作る方法を考えておかないといけません。

まずはそのタネをさがすこと。

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
今日のミニワーク

あながたすぐに月1万円
稼げる方法はあるでしょうか。
*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

さて、何をしたら良いのか
わからない人は、
一緒に考えましょう。
melmaga2

迷ったら原点に戻る〜自分に聞いてみるのが一番!

cat-912291_1920

さあやるぞ!といざ勢い込んで新しい仕事を始めて見たものの
やり続けながら「これで本当にいいのか・・・?」と感じてしまうとき。

特に、成果が出ないと迷ったり悩んだりしますよね。
私もそうでした。

そんな時にはどうすればいいか。

やっぱり、自分に聞くしかないと思います。
これ、ほんとにやりたいこと?
やっていて楽しい?
お金もらわなくてもやり続けたいくらいやりがいを感じてる?

さあ、あなたの答えはどうでしょうか。

せっかくフリーランスになったのに、
(もしくは副業で収入を上げようと思っているのに)
また、いやいや仕事をしていない?

どうしても楽しくないな、
やりたくないなと感じたら
もしかして方向性を変える必要もあるのかもしれませんね。

=========
もうひとつ、いい方法があります。
とにかく行動すること。

色々迷うってことは、ビジネスがうまくいっていないということです。
副業だろうが何だろうがうまくいっていれば、そんなに考えている暇もないですからね。

うまくいっていないということは、改善の余地があるということ。
何がよくなかったのか、分析して、改善しての繰り返しです。

実践と記録を繰り返しているうちに
どこでうまくいかなくなっているのかわかるようにもなってきます。

一番よくないのは、動かないこと。
やらなければ変わらない。
そして、改善もできない。

前に進むには、行動するしかないのです。

ただ、そのスピードは人それぞれだと思っています。

以前は、とにかく行動はスピードが大事だ!と思っていましたが、
物事には「タイミング」というものがあります。

世間的には大事だとされていることでも
その人にはまだ当てはまらない場合、というのがあるんです。

だから、行動しなければ変わらないけれども
考えは行動に出してこそ意味があるとも思っていますが、
ただ、結果が出るまで、
そしてその人の中で腑に落ちるまでの時間は人それぞれ。
やってみないとわかりません。

私もやり続けて始めてわかったことがたくさんあります。
そうか、こういうことだったんだ、って。
「勉強する」「学ぶ」の段階ではわからなかったこと。
実践してみて初めてわかること。
これこそが、行動の産物です。

フリーランスや個人事業主として活動していると
色々迷うことも出てきますよね。

そんなときは、まず自分に色々問いかけて下さい。
そして、その問いを元に、行動を起こして下さい。

<スポンサードリンク>



自分に合ったメンターを見つけよう

Professor gesturing with eyeglasses in classroom

昨日メルマガでも配信した内容を
少し書き直してブログでもシェアしようと思います。

私は、自分の勉強のためにも
様々なタイプのメルマガを読んでいます。

文章構成だったり
クロージングの手法だったり、
話題の切り口だったり
色々勉強になります。

その中で、先日あるメルマガを読んで感じたこと。

その方は30代半ばです。
私とは10歳近く年齢が違います。

夜中に思いついたことを
勢いに任せて書きました!
という内容だったのですが、

私にはその熱い思いが
残念ながら伝わらなかった。

ただ「若いよね」と
思ってしまった。

家庭もない、子どももいない、
仕事も特に管理職だとか
重要な仕事をしていたわけでもない。

この経歴がダメ、と言っているわけではありません。
そこは誤解のないように。

ただ、人生経験が少なすぎると
わからないことも多いよね、ということです。

それは私も同じことですよ。
私の経験でもってあれこれ言っても
50歳や60歳の人に響くかというと
響かない人の方が多いかもしれない。

その方がその時にメルマガで言っていたこと、
たぶん、子どもがいたら
同じことは言わないだろうな、って
思ったのでした。

つまりね、この人は今
そこそこ成功しつつある。
独立して収入を得られている。

この人の考え方に
共感する人がお客様になっているわけです。

それを私がそのままそっくり
真似したらどうなるか。

たぶん、うまくいかないでしょう。

私の考え方とも合わないし、
私がお客様としたい人とも
おそらく合わないです。

だから、成功している人のやり方を真似る、というのは
ビジネスをする上で大切なことではあるのだけど
それが本当に自分に合うのかどうかは
あなた自身にしかわからないのです。

成功の形を素直に真似ることも大切なんだけど
自分の中に違和感を感じるなら、
その違和感を大切にしてもいいんじゃないかと思うのです。

その前に、成功とは何か、
自分がどうなりたいのか
しっかりと自分の中で考える必要がありますけれど。

=====
あなたにあうメンターは
リアル(対面)で会える人かもしれないし、
ネットで知り合える人かもしれないし、
たくさんの本を書いている作家かもしれないし、
歴史上の人物かもしれない。

そう、今この世の中で、実際に会える人とは限らないんですよ。

そうでなくても、自分が迷った時に
何か指針になる人、
頼るべき考えを持っている人です。

それはイコール成功している人ではない。

:::::::::::::
今日のミニワーク
:::::::::::::

心から共感できるメンターはいますか?

今あなたがブログで伝えるべきこと

crystal-245288_1280

フリーランスになりたてとか、
フリーランスをめざそうというとき、
もしくはたとえば会社員以外で収入が欲しい、というとき。

ついつい「売上」にばかり意識がいってしまい、
この商品なら売れるんじゃないか、
これが売れたらいくらの儲けになる、なんてことを
考えてしまったことはありませんか?

もちろんそれも大事なのですが、
繰り返しお伝えしているように、大事なのはマインド。

なぜその仕事をしようと思ったのか。

誰かの役に立つと思ったから。
誰かの悩みを解決できると思ったから。

そんなあなたの思いがあるはずです。

逆にいうと、それがないと商品(サービス)は売れないと思います。

お客様からすると、困っていることを解決してくれる商品だから買うのです。
必要としているから、高いお金を払ってでも買おうとするのです。

必要とされてない商品が売れるわけないですよね。

で、売れるかどうかはニーズがあるかどうか、なんですから
その問題で困っている人、商品をほしがっている人がいなければ
買ってはもらえない。

だから徹底してそのニーズを探る必要があるし、
そうか、この問題で困っている人がいるんだ!ということがわかったら、
それをあなたが解決してあげればいいんです。

しかしながら、今やサービスは飽和状態。
まったく新しい商品やビジネスを考えるのは難しい。
今あるものを足し算もしくはかけ算などして
”違うもの””新しいもの”に見える工夫をしなければならない。

その工夫は「伝え方」にあります。

あなたの商品の魅力をどう伝えるか。
正しく伝わらなければ、お客様の興味も引かないし
ましてや買おうなんて思ってもらえない。

すべては「伝え方」なんです。

あなたの価値、あなたの商品の価値、
そしてその商品を使うとお客様のどんな問題をどのように解決できるのか。

その点を徹底的にあなたのブログで伝えて下さい。

その伝え方が難しいんだよ・・・
という方にはこの本がおすすめです。
 ↓↓

自己流では成功しない

コース料理

スポーツでも勉強でもそうですが
「セオリー」というものがありますよね。

料理もそうなんです。
手順が大切です。

私が尊敬するコンサルタントの佐藤義典さんのメルマガで
「料理上手は仕事上手」という記事がありました。

料理って、1品作るだけならレシピ通りに作ればなんとかなりますが
2〜3品作ったり、複数人分作ったり、
それが組合わさった場合はなかなか大変ですよね。

コンロの数も限られているし
加熱する時間も料理によって違う。
何かを作りながら、次の料理にとりかかる。

そんな手順がわかっていないと手際よく料理はできません。

そしてその手際にもセオリーがあります。

実はビジネスもそれと同じ。
うまくいく「やり方」というものがある。
「作り方」と言い換えてもいいかもしれません。

やりたいビジネスの内容によって、それぞれのセオリーがある。
それを知らないで自己流でやる、ということは、
材料もレシピも知らずに料理を作るようなもの。
いかに無謀かおわかりいただけると思います。

テレビの番組で、日本の料理を名前とイメージだけ伝え
外国人のシェフに想像しながら作ってもらう、というコーナーがありました。

自己流でビジネスをやる、ということは、
まさにそういうことだと思います。

その番組では、料理をするのがそもそも一流のシェフですから
作って欲しかった日本料理とはほど遠いものができたとしても
それなりに素晴らしいものが出来上がります。

しかし、これが素人だったらどうなるでしょう?
答えは明白ですよね。
まともなものが作れるはずがありません。

繰り返し言いますが、ビジネスも同じです。
基本として押さえておかなければならない点があるのです。

それは何か。

ビジネスで成功している人に倣うこと。
押さえておくべきポイントを教わることです。

ただ、セオリーだけ学んでも成功はできない。
あなたのマインドが何よりも大切です。

何のために、誰のためにするビジネスなのか。
あなたの使命は。
そのビジネスであなたが大切にしているものは。

そんなこともあわせて考えながら
セオリーを身につけていくといいでしょう。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

起業、フリーランスにかかわらず
やはり「働く」ということはマインドが大事。
そんなことを考えるメルマガ
『40歳からのライフワーク研究室』
好評配信中です。
melmaga2