個人事業主

いつまでにやるのかを決めること

「いつか私も会社員をやめて独立したい」と、言われるんです。でもね、「いつか」と行っている人で、本当に独立した人を見たことがありません。

習慣を変えるのはとても難しい。特に、大人になってから新しいことをするのはとても難しいです。

脳は変化を嫌うからです。だから、新しいことをするって、とてもエネルギーのいることで、なかなか一歩が踏み出せない。

一歩を踏み出すにはどうすればいいのか、それは「いつ、何達成するのか」を決めることです。

<スポンサードリンク>



何をしたいのか書き出すこと

自分がやりたいと思っていることを、とにかく紙に書きだして見てください。それは、出来るかどうかではなくて、今の時点でやりたいと思っていることです。

仕事でもいいし、プライベートなことでもいいし、何でもいいんです。私の場合は、

  • 2020年にのオリンピックは新居で見る
  • 自分のサイトの収入だけで暮らしていく
  • そのやり方を教えて、外に働きに出られないママ達が家で仕事を出来るようにする

など、色々とノートに書き出しています。

書くことで、本当にそれをやりたいのかが明確になっていくことと、段々具体的な目標になっていく、というメリットがあります。

毎日見返すこと

で、大事なのは書いたものを毎日見返すことです。見ることで、やりたいことを脳にインプットしていきます。

そうすると、そのやりたいことに関する情報が集まってくるようになるんです、不思議なことに。そうすると段々出来そうな気になってくるというか、いつの間にか出来ていたりすることもあるんです。

書いたものをことあるごとに見返して下さい。

期限を決めること

もう1つ大事なのは、期限を決めることです。例えばやりたいことに「ハワイに行きたい」と書いたとします。

そのままではなかなか実現しないので、いつまでに行きたいのかと言うことも書いておきます。

私も南も島で飽きるまでゆっくりしたいなと思っているのですが、それは家を建て直した後にしようかと思っていて、ちょっと先になりますけれど、1ヶ月くらい行きたいなと思っています。

期限を決めると何がいいかというと、次の工程ですね。

そこから逆算すること

その決めた期限から逆算して、「今何をしなければいけないか」ということを考えることが出来るようになるからです。

「1ヶ月ハワイに行きたい」と決めたとしたら、ハワイまでの旅費はどのくらいかかる?滞在費は?どこに滞在する?など、具体的に決めないといけないことがたくさん出てきます。

旅行に行くとなると準備が必要ですよね。足りないものは?ハワイに行く時にあったら便利なものは?○年○月に行くならいつまでに予約をしないといけないか、など、計画が具体的になっていくんです。

これは、独立したいという目標と同じなんですよ。

いつ独立するのかということをまず決めないと何も進まないんです。これ、本当ですよ。何歳までにとか、○年○月までと、具体的に決めてみてください。

そうすると、それまでに何をしておかないといけないのかということが具体的に考えられるようになります。

独立の種類にもよりますけれど、お店を持つような形であれば資金が必要ですよね。どうやって調達するのか、どこで店舗を借りるのか、など考えることはたくさんあります。

私のようなフリーランスの形でも同様です。実際に仕事を得ていくためにはどうすればいいのか、収入が安定するまで生活はどうすればいいのか、その業界で経験がないならどんなスキルが必要なのか、そのスキルを得るためにはどうすればいいか。

そんなことを考えだすと、「今私は何をすればいいのか」というところまで具体的に考えられるようになります。

そのためにはまず、書き出してみることですよ。例えば「3年後に独立する」って書いて、それまで何ヶ月あるか、その間何をしようかと考えてみてください。案外、時間がないということが分かるはず。

それが行動に結びつくようになる

やりたいこととその時期を決めて、時間が思ったよりない、と気づいたら、それが行動に結びつくようになります。

今すぐに行動しないと、時間はどんどん過ぎていきます。目標はただの夢に変わってしまいますよ。

そうならないためには「決める」ことなんです。これを決めないと何も始まらない。

でも・・・実際にそれを実行する人はほとんどいない。「どうやったら独立できるの?」ときいてくる人にはこの方法を教えるのですが、まずやらない。

それはなぜか。

頭のどこかでブレーキをかけているか、実際考えてみたらやりたいことが分からなかった、という人が多いんです。

だからこそ、「決めた」人は成功することが多い。というか、目標を実現した人は「決めて」行動した人なんです。

すべては行動にかかってる。でもその前に「決める」ことが大事。

やりたいことがあるならまず、いつやるか「決める」、そこがスタートです。



40代から新しいことを始めるときは苦手を克服する必要はない

新しいこと

新しいこと

何か副業を始めようと思ったとき、またはいずれ独立して個人事業主になろうと思ったとき、何を仕事にしようか迷ってしまうことがありますよね。

それで、「○○が儲かる」とか「初めてでも1日で○○円の収入」などという怪しい謳い文句に引っかかってしまいがちです。ここはじっくり考える必要があります。

20代で独身なら、多少の冒険はしても平気でしょう。家族がいないなら、失敗しても気が楽です。でも40代となるとそうはいきません。家族がいればなおさらです。

だからこそ、次の仕事は何をしていくかを時間をかけて考えて欲しい。それについては、『やりたいことは時間をかけて見つける〜フリーランスになるのはそれからでも遅くない』でも書きました。

ではどうやって自分に適した仕事を見つけるか、それはやっぱり「好きなこと」から見つけるのが一番だと思います。

◆好きなことは仕事にならない?

好きなことは仕事にならないといわれますが、そんなことはないと思います。仕事にならないというのはイコールお金にならないということでしょうが、もちろん「ビジネス」として成り立たせようとすればそれなりの工夫が必要です。でもそれは仕事にならないというのとはちょっと違うと思います。

なぜ好きなことをした方がいいか、というと、モチベーションが続くからです。例えば、ブログを書くということ一つを取っても、まったく書くことが好きではないと「書く」という作業はとても辛いものです。

でも「書く」ことに主眼を置かずに、自分が好きなこと、やっていて飽きないことを人に伝える、という捉え方をすればそれほど辛くはないと思います。

好きなことの延長線上にあることなら、細々した作業も、人には見えない影の努力もすべて辛いものではなくなるはずです。でも「儲かる」というだけで、興味の持てないこと、好きでもないことを始めたら?きっと続かないですよね。

<スポンサードリンク>



◆得意なことをやってみよう

何かで結果を出そうとするとき、苦手なことを克服しようとする人がいますが、若いうちはそれでもいいでしょう。克服する過程で新しいものが見えてくるかもしれません。

でも40代ともなれば、この先の時間が無いのですから、苦手を克服している時間はもったいない。それよりも、自分が本当にやりたいこと、打ち込めることを探して、得意な分野の能力を伸ばしていった方が収入に結びつきます。

◆苦手を克服するよりやりたいことをやる

苦手なことは誰かに頼めばいいんです。もちろん、それでお金がかかることもある。その分は、好きなこと、得意なことのスキルを伸ばして、早めに収益化できるように、そちらに力を注いだ方がいい。

まして、会社勤めをしながら副業をしたり、独立の準備をしたりしている時に、あれやこれや苦手なことまでやっている暇はありません。時間の無駄だと思います。

自分が今一番時間をかけてやらなくてはいけないことは何だろう?何をがんばったら最短で収益に結びつくだろう、そのために自分が好きで出来ることは何だろう、それを考えてみて下さい。

=========
*今日のミニワーク*

あなたが得意なことは?
やっていて苦にならない好きなことは?
その中で、苦手な分野はありますか?
=========
40歳からのライフワーク研究室
これから何をしていこう、と迷ったら・・・
何かヒントになればいいなと思ってメルマガ書いてます。
melmaga2

ブログのネタに困ったら?ブログを続けていくためのコツ

ブログ

ブログ

フリーランス、個人事業主として活動していくためには「自分メディア」が不可欠です。お金もないし知名度も無いのですから、企業と同じようなことをしていてもダメで、だからこそ「自分にしか発信できないこと」で自分なりの世界観を打ち出していく。

それによってお客様との信頼関係を作っていく。好きなように自分の世界観を発信できるのですから、それこそが企業には出来ない自分なりの武器になりますよね。

自分なりの価値観や読んでくれた人の行動が変わるような役に立つ情報を発信していくわけですが、誰でもやれるのが「ブログ」という形。とりあえずは無料でも出来ますし、思い立ったその日から「自分メディア」を作っていくことが出来ます。

◆ブログを育てるには時間がかかる

ブログは記事をいくつか書けば誰でも見に来てくれる、そういうものではありません。質の高いコンテンツ、人の役に立つ記事を提供し続けてこそ評価されるようになります。

たまに「簡単に○○PV稼ぐ方法」など、裏技を使えばPVが上がって検索上位にきますよ、などという方法を教える怪しいサイトもありますけど、そういう裏技的なことはやめた方がいい。

息の長いサイト、ずっと残り続けるサイトを時間をかけて作っていく方が、長い目で見るとずっと収益になります。最低でも数ヶ月、半年、なかなかPVが上がらなくてもあきらめずに改善し続けていくことが大切です。



◆ブログのネタに困ったら

とはいえ、ネタに困るからブログが続かなくなったり、裏技に頼りたくなるんですよね。そこで、ネタに困ったときのヒントをいくつかご紹介しましょう。

1.好きなサイトを研究すること
コピペをするんじゃなくて、どういう構成で作られているか、どんなネタを提供しているかを研究する。

2.写真を撮ってその日に感じたことを書く
Facebook的な使い方ですが、何も感じない日はないでしょう。季節でも何でも話題になります。

3.今日あったいいことを書く

4.自分の趣味についてひたすら書く
好きなことならネタがつきることもないでしょう。

5.ニッチなネタを探す
誰もが興味のあることより、マイナーな話題の方が濃いファンが多かったりする

6.今悩んでいることを書く
悩みの無い人はいないですね。同じ悩みを持つ人が見てくれるかも。その悩みの原因や解消法を書いてあげるといいです。

7.初心者のために細かく書く
誰もが知っていそうなことでも、初めてその言葉を目にした人がわかるように事細かに書いてあげる。出し尽くされたかと思うようなネタでも、他のサイトを見ると意外と不親切なものが多いです。そこを丁寧に書いてあげると人の役に立つ記事が作れます。

◆始めるのは簡単、続けるのが大変

ブログは始めるのは簡単です。でも、続けるのは本当に大変。人によっては数記事であきらめてしまう人も。

無名の個人がお金をかけずに収入を生み出そうと思ったらそれなりに時間も手間もかかるんです。というより、お金がないなら時間と手間をかけないと、収益なんて生み出せません。

お金がないなら頭を使わないと。

ブログでも何でも、収益を生み出している人たちは例外無く「続けている」人たちです。行動し続けることが結果を生み出します。



ブログだけで集客はできる?

blog-684748_1920

これからウェブを使ってビジネスを始めようというときに
まずはブログからはじめてみようかなと思う方も多いと思いますが、
先日、こんなご質問を受けました。

「ブログ書くだけで商品を売ったりできますか?」

さて、みなさんはどう思いますか?

私の答えは「否」です。

私にとってのブログはあくまでも
「私のやっていることを知ってもらうこと」
「私に興味を持ってもらうこと」
のために書いています。

これだけで、モノやサービスが売れるとは
正直思っていません。

なぜならば、
あなたがモノを売りたいお客様は
あなたのブログにどのようにたどり着くか。

そして、あなたのブログを読んで
どう思うか。

たとえば新聞や雑誌。

自分でお金を出して買ったものは
わりと隅々まで読んだりしますよね。
読みたくて買ったんですから。

でもブログって、どうでしょう。

有料のブログってまずないですよね。
お金を払ってまで読むブログ。

じゃあどうやって読んでいるか?というと
更新通知などを受け取っているような
熱心な読者ならいざ知らず、
普通は検索で見つけたりとか
アメブロのチェック画面に出てきてたりとか。
たまたま目にしたから、が多いはず。

そう、たまたまなんです!
あなたのブログを読んでもらえるのは。

だから、たまたま目にしたブログで
いきなり商品を買う、というのは
なかなかハードルが高い。

まずは自分に置き換えてみるといいです。

ブログをちょっと読んだだけで
そこからモノを買いますか?

買いませんよね。

どうしても欲しいものが
なかなか探してもなくて
やっと見つけたのがあなたのブログで
しかもそれが最安値だった、
というのでもなければ
いきなりそこで商品購入はあり得ない。

ではどうしたらよいのか?

ブログは宣伝、認知のツールとして割り切り、
メルマガなどでお客様との距離を縮めます。

ブログはたまたま、もしくは
時間のある時にしか読んでもらえませんが

メルマガはお客様のメールボックスに
直に届きます。

しかもそれは、
わざわざメールアドレスを
登録して下さったのだから
”たまたま”目にしたブログよりも
温度は高いはず。

だから、商品を売りたいなら
メルマガもしっかりと書いていった方が
長期的に見てプラスだと思います。

メルマガといっても
ブログも更新できないのに・・・
とお嘆きのあなた。

まずは「書くこと」に
慣れていきましょう。

次回はそんなお話もしたいと思います。

【今日のミニワーク】
あなたが読んで、続けて読みたい!と思ったブログはどんなブログでしょう?
どんな点が良かったのか、具体的に書き出してみて下さい。

そこに信念はあるか

LIVE YOUR LIFE

LIVE YOUR LIFE

あなたがその仕事を続けていこうと思う理由は何か。
会社を興して仕事をしようと思う理由は何か。
フリーランスという形で仕事をしようと思う理由は何か。

日本はまだまだ、「働き方」という点において
発展途上国だと思います。
多様な働き方が認められていない。
社会権を得ていない。

大学を卒業して就職が決まらなかったら
親も親戚も大騒ぎじゃない?

家族がいるのにサラリーマン辞めて
独立するなんて言ったら大変なことになるんじゃない?

フリーになって仕事をして稼いでいくということは
そりゃあ簡単じゃありません。

だからこそ、煮詰まった時や
壁にぶつかった時、
それでもやりきるための「信念」が必要なのです。

自分自身が幸せになり、
自分と自分の仕事に関わる人が幸せになり、
そしてお客様も幸せになる。

そのために何をするのかということ。

私は、アロマテラピーを通して
幸せな人を増やしたい、という信念で勉強を続け、
会社員ではやりたいことができないと思い
フリーでの活動しかない、という結論になりました。

あなたがフリーになったら何を実現したいのか。
会社を作るなら、どんな会社にしたいのか。
その仕事で、どんな社会貢献ができるのか。

もちろん、稼がなければ貢献もなにもありませんけど
目指すところがなければ、
一心不乱にがんばることもできません。

様々な仕事のスキルも大事。
だけど、それ以上に「信念」が大事です。
その信念がお客様に伝われば、
間違いなくあなたとあなたの商品(サービス)のファンになってくれるでしょう。

ライフワークを実現して
それをキャッシュに換えていくためにも
単にワクワクするとか、好き、という以外に
どんな信念を持ってその仕事ができるか、ということも
考えてみて下さいね。

【今日のミニワーク】
あなたが信念を持ってできる仕事は何でしょうか?

起業する時の理由として正しくないもの

PAK23_notedentaku20140312_TP_V今の会社が嫌だ。

給料が低い。

上司と合わない。

おそらく、9割くらいのサラリーマンがこのような悩みを抱えているのではないかと思います。

私もそうでした。

だからといって、これらを理由に会社を辞めて起業をしてはいけません。

「動機」としてはいいんですよ。
会社を辞めてはいけない、ということではなくて、
別の仕事をする理由にしてはいけない、ということです。

起業する、フリーランスになる、または個人事業主になる。

言い方は色々あると思いますがつまりは「社長」になるということです。

あなたの商品、サービスを買っていただくためには、その良さがお客様に伝わらないといけませんが、自分の商品またはサービスを愛していないとセールスはできないと思っています。

一定のスキルがあれば何となく売れることはできるかもしれない。

しかし、長期的に見たら必ず失敗します。

一流のセールスマンは、例外なく自分の売っている物を愛しています。

そして、「お客様のためにどう役に立てるか」ということを考えています。

だからこそ、お客様との信頼関係を築くことができて、結果としてモノが売れるのです。

個人で仕事をするということは、マーケティングもセールスも自分ですべてやらなければなりません。

もちろんスキルは必要ですし、やる気だけでうまくいくほど仕事は簡単ではありませんが、
その仕事をする理由、そのものを売る理由があなたの中になければ、お客様に何も伝わらないのです。


会社で人間関係をうまくやっていけないなら、フリーになってもうまくいかない可能性が高いです。

何も、イヤな人に何でも合わせる必要はありません。

うまくいかないならいかないなりにどうすればいいのか、打開策を考える力がないなら、
フリーになったときに問題に対処できないのではないでしょうか。

どんな形で仕事をしても合わない人はいます。

イヤなお客様だっています。

全ての人といい仕事ができるわけではないのです。

そういった場合でもどう対処することが自分にとってベストで、相手にとってもいいことなのか、それを考える力が必要です。

給料が低くて納得いかないなら、欲しい給料がもらえるだけのスキルを身につける。それが先です。

実力を蓄えれば、転職も可能ですし、フリーになった時にも役に立つはずです。


くれぐれも、現状の不満だけで会社を辞めて起業しないことです。

給料が低くても、毎月固定の収入があるということはありがたいことなのですから。

そこでは仕事ができない理由、フリーになって仕事をすべき理由がしっかりと見つかってから、
また、フリーになってもやっていけるだけのスキルを身につけてからでもやめるのは遅くありません。

【今日のミニワーク】

あなたがフリーになりたい理由をもう一度考えてみましょう。

 

なぜ?のマインドを育てること〜そこから始まる

 

パソコンひとつあれば仕事はできる!

なぜ、その仕事をしたいと思ったのか。

なぜ、そもそもそれを仕事にしようと思ったのか。

趣味ではダメだったのか。

何のためにその仕事をするのか。

その理由付けは人によって違うでしょう。

ただ、「理由」は必要なんです。

なぜ、その仕事をするのか。

会社員でもできるのか、フリーランス(個人事業主)としてでないとできないのか。

そこをしっかりと突き詰めておかないと、「起業するぞ!」なんて勢いで会社を辞めたら大変なことになります。

そもそもね、「起業」とか言ってますけど「個人事業主」と言った方が正確だと思います。

だから私は、法人化するまでは「フリーランス」「個人事業主」と名乗っております。

・・・と、ちょっと話がそれましたが、なぜ理由が必要かといいますと

会社の理念・ビジョンと同じです。

「この会社は、こんなことのためにがんばってます」というビジョンや理念がしっかりしている起業は、それに共感して人が集まってきますし、モノも売れます。スタッフもいい人が集まります。

個人事業主も同じです。

私はこんなことのためにがんばっています!という理念、ビジョンがあれば、お客様が共感してくれますし、自分自身のモチベーションを保つことにもつながります。

【今日のミニワーク】

あなたがその仕事を選んだ理由は何でしょうか?