ウェブサイトの作り方

SEO対策の本質は魅力のあるサイト作り

ウェブサイト パソコン

「Webライティングと紙のライティングの違いとは?」
「そもそもSEO対策とは何なのか?その基礎の基礎。」

2回にわたって、SEOってそもそもどういうことなんだろうということを簡単に説明しました。

小手先のテクニックを色々紹介してあるウェブサイトもたくさんありますが、自分のサイトをたくさんの人に見てもらうには、やっぱり「人の役に立つサイト」「価値のあるサイト」、これを作る努力が不可欠なのです。

だからこれからは、検索エンジンをだまそうとするのではなくて、価値ある情報を、必要としている人たちに効果的に伝えること、これを考えていかないといけませんよね。

そのために必要なのがWebライティングの技術です。

キーワードを抑えながらも読みやすい文章を書くこと。伝わる文章を書くことです。

どんなにいい商品、サービスを持っていても人の目に留まり、その価値が伝わらなくてはダメなんです。

オリジナルコンテンツの重要性

検索エンジンではオリジナリティの高いコンテンツが多いほどよいウェブサイトだと評価されます。

ですから、他のサイトのコピペなどは厳禁。引用が多すぎるのも考えものです。

オリジナルコンテンツとして評価されやすいポイントは、

  • 季節もので終わらない話題になるテーマ
  • 読んだ人に実際に行動を起こさせるような内容の濃い文章
  • 見やすい構成、形式、キャッチコピー

読者にとって利便性が高く、役に立つということですね。

自分の言葉で、わかりやすく、価値を伝えていくこと。これがとても大切です。

そして、検索エンジンに発見してもらい、しっかり正確な評価をしてもらうには、適切なキーワード選び、GoogleのSearch Consoleなどを使い、サイトマップをGoogle側に送信するなど、検索エンジンにウェブサイトの情報を伝える努力も必要です。

読者の悩みを解決するコンテンツ作り

自分がインターネットで検索する時、何かの「答え」を求めて検索しますよね。

  • ○○の原因
  • ○○の改善法、対策
  • ○○の口コミ、評判
  • ○○と△△の比較

など、まあ色々あるとは思うのですが、何かしらの答えを探して検索をします。

だから、その答えがドンピシャで書いてある記事が読者にとって役に立つコンテンツであるということです。

私がいつも離脱してしまうのは、「○○の改善法」といって探してたどり着いた記事に、「○○の原因」とか「○○の歴史」といったような、探していない内容が最初にきていること。

これだと、下までスクロールするのが面倒で、また検索画面に戻ってしまいます。

あなたもこんな経験はないでしょうか。せっかくタイトルを見て良さそうだと思ってクリックしたのに、求める答えがなければ離脱してしまいますよね。

そうならないように、「このキーワードで検索してくる人はどんな答えを求めているのか」ということを徹底的に掘り下げて記事を書く。

これの積み重ねが「魅力あるサイト」を作り上げることになるのです。

時間はかかりますけど、やっぱりこれが一番だと思います。

 

ABOUT ME
yuka nanami
WEBライター&ブロガー&アフィリエイター。 40歳からは楽しく生きる!をモットーに、ひとりひとりの才能を活かしてキャッシュに変える方法を研究しています。