個人事業主・フリーランス

会社員以外の生き方。もっと私らしく生きる方法

会社員以外の生き方

いつか会社を辞めたいと多くの40代のママが思っていることでしょう。

子育ても大変なのに、仕事も忙しくて全く余裕を持てない。

だったら、会社員以外の生き方も考えてみませんか。

これからは会社に縛られずに生きていく人が増えていくはずです。

まずは副業から始めるのがおすすめ

会社員以外の生き方

まず、いきなり会社員をやめずに、副業から始めてみてください。

どんな形であっても収入を得ていくのは簡単ではないのです。

ネットではたまに「素人でも3日で50万円!」みたいな謳い文句を見かけますが、そんなはずないでしょ。

それがホントに出来るならみんなやってますし、そんなすごい方法を他人に教えませんからね。

だから、いきなりやめないこと。副業として始めて、軌道に乗ってからやめればいいんです。

フリーランスといっても収入を得る方法は様々

会社員以外の生き方

フリーランスというと、エンジニアとかWEBデザイナーとか、特殊なスキルがないとダメなんじゃない?と思う人が多いと思います。

でも、私にはそんなスキルありませんでしたが、今はフリーランスです。何事も、やり方次第ですよ。

あなたのスキルが収入になる

「スキル」っていうと、何か特別なもののように感じてしまいますが、あなたの得意は誰かの不得意かもしれない。

自分でスラスラできてしまうことは、特技だと気づかないことが多いんです。

だから、これまでの社会人生活で褒められたこと、苦もなく出来たこと、などを思い出してみてください。

仕事の上でのことはもちろん、プライベートでも得意なことが何かしら見つかるはずです

私は最初、「ココナラ」で登録し(無料です)、アロマテラピーのテキストを売り始めたんです。それから、アロマのアドバイス、ママの悩み事を聞きますとか。

アロマテラピーはインストラクターの資格を持っていますが、別に持っていなくても教えることは出来ます。

あなたが得意なことを「教える」というのでも立派な仕事になるんです。

ゲームの攻略法なんてもあるし、あなたに似合うファッションを提案するとか、「え、これが仕事になるの?」と思うものたくさんあるんですよ。

試しにのぞいてみてください。

え、これなら私も出来るのに!と思うことがあれば登録してみることをおすすめします。

登録や出品は無料なので、いくら出品してもお金を取られることはありません。

>>知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

ライター業

私はライターとしてフリーランスになったのですが、正直言って生活費を稼ぐレベルになるにはそれなりの時間がかかります。

というのも、単価がめちゃめちゃ安いから。

私は実績も何も無かったので、最初「ランサーズ」や「クラウドワークス」というサイトで登録をして、単発の仕事をしました。

1文字当たり、0.3円〜0.5円でしたので、1万字書いても3000円〜5,000円。

しかも、そこから振込手数料とかシステム利用料が引かれる・・・。

恐ろしくやりがいの無い仕事でしたが、実績が無いので仕方がありません。

最初のうちは5千文字の記事を1本書くのに3日もかかりましたから。

でもそのおかげで書くスピードが上がっていき、1年後には個別に契約できるお客様も増えてきて、順調に収入が伸びてきました。

ブログの運営

ただし、ライター業は結局請負仕事です。案件がなくなったら終わりです。

実際、月に4万円ほどの収入になっていたクライアントから、突然仕事の終了を言い渡されたことがありました。

Googleのアップデートのせいでサイトの順位が下がってきてしまったため、方向性を変える。ついては、今契約しているライターさんたちはいったん終了、ということでした。

まあここがフリーランスの不安定なところでもありますが、文章を書く力がついてきたなら自分で運営すればいいじゃん!と、色々なサイトを立ち上げました。

収入を上げていくのは簡単ではありませんが、自分で文章を書けるなら広告収入やアフィリエイト収入が得られます。

ゆくゆくはそれが不労所得になるのですから、本業の傍ら、自分のブログ、サイトを育てていくことにしました。

最初は趣味として始めてもいいと思うんです。楽しく書いていて収入になるなら、嬉しいと思いませんか。

自宅サロン開業

私の友人も、アロマセラピストの資格を取り、自宅サロンを開業している人がいます。

マンションの1室を使っているので、家賃がかからないんですね。

最初に用意したものはマッサージベッドやマッサージオイル、アロマテラピーの精油、フェイシャル用のコスメなどで、15万円程度だったと聞いています。

初期費用が抑えられる、というのが自宅サロンのメリットですね。

例えばこれがネイルなら、さらに場所を取らないわけです。ネイルのキットさえあればいいので、出張も出来ます。

最近はレンタルサロンも増えてきました。時間貸しをしているところで、サロンに必要なベッドなどが備え付けのところが多いですね。

自宅に他人を入れることに抵抗がある人はレンタルサロンを利用すればいいんです。

もちろん、集客は簡単ではありませんが、初期投資が少ないという点で、女性でも始めやすい仕事です。

>>日本アロママイスタースクール 新宿校

>>ジェルネイル資格

代行業、同行業

最初見た時に、これは需要あんの?と思ったのが、「同行ショッピング」。

なんで知らない人に一緒に買い物に行ってもらうんだろう、と思ったのですが、自分では似合うファッションがわからない、いつも決まったものばかり買ってしまう、という人に人気のようです。

また、代わりに買い物しますという代行業も忙しい人には人気みたい。

代行業はまさにスキル不要ですよね。

何かを変わりにやってあげる、一緒にやってあげるというのも仕事になるんです。

ハンドメイド品の販売

手作りが好きなら、作ったものを販売するのもいいでしょう。

今は無料で出品できるサイトが増えているので、個人がお店を開くのも難しくないんです。

などがあります。

私の友人も出品していますが、サイトデザインの知識など無くても、オシャレなお店ができてしまうようですよ。

自分の可能性をもっと考えてみて!

会社員以外の生き方

たとえ安かったとしても安定した収入を捨てるのは怖いですよね。私も会社員の時はそうでした。

しかし、その安定、いつまで続くと思います?

今ある仕事の半分は10年後になくなるといわれているんですよ。

今の仕事、10年後も続けていられると思いますか?

実際私は、「今週で終わり」といきなりクビになりましたからね、正社員だったのに。

今考えるといい経験でしたし、フリーランスになるきっかけになったので有り難い出来事だったのですが、普通は大変だと思うんです。

ですから、今会社員のうちに、もっと自分の可能性を探っておいて損はありません。

いつか今の仕事ができなくなったときのために、他の収入の手段を確保しておくのは大事なことだと思います。

ABOUT ME
yuka nanami
WEBライター&ブロガー&アフィリエイター。 40歳からは楽しく生きる!をモットーに、ひとりひとりの才能を活かしてキャッシュに変える方法を研究しています。