一人に絞り込むことがなぜ必要なのか

girl-1031374_1280
ビジネスをする上で、
「理想のお客様像」を設定した方がいいとか
「ターゲット像」を明確に、ということを
言われたことがあると思いますが、
これは本当にその通りなんです。

とにかく一人に絞り込む。
どこそこに住んでいる誰々、と
わかるくらいに。

でもそれじゃ、
その人しか来ないんじゃない?
って、思いました?

私も、最初に聞いた時は
「え、それじゃその人しか来なくなっちゃうんじゃない?」
と思いました。

でも違うんです。

たとえば、
「40代の働く女性」じゃ
広すぎるんです。

広すぎて、誰だかわからない。
わからないということは、
商品やサービスが
その人に必要なものなのかどうか
わかってもらえないということです。

一口に「働く」といっても、
正社員なのか
パートなのか
アルバイトなのか
それによっても
お金の価値観て、違いますよね。

仕事に対する考え方、
仕事や家庭での悩み、
それぞれ違ってくると思います。

だからたとえば
「1時間2万円で
働く女性のためにカウンセリングをします」
といったところで、
その2万円をどう感じるか、
それも違うし、
悩みも正社員とパートでは
きっと違う。

そういったことを突き詰めていかないと
どんな悩みを持っている人で、
私がどうそれを解決できるのか、ということを
訴えることができないんですね。

あ、これ
私にピッタリのサービスだわ♪
とは、思ってもらえない。

だから、出来るだけ細かく
どんな人を相手にしたいのか
設定する必要があるのです。

・年齢
・家族構成
・仕事
・住んでいる場所
・学歴
・収入
・趣味
・服装
・性格
・好きなこと
・嫌いなこと
などなど。

それによって、その人が普段抱えている悩みが見えてきます。

商品でも同じこと。

「お肌に優しい石けん」というのではなく

「生まれたばかりの赤ちゃんでも使えるくらい
お肌に優しい石けん」というと、

・赤ちゃんを産んだばかりのママ
・これから赤ちゃんを産むママ
・赤ちゃんと同じくらいお肌の弱い女性

など、その言葉が刺さる人たちに
メッセージが響くのです。

石けんなんてお肌に優しくて当たり前なので
どう優しいのかを説明しないと
その価値をわかってもらえない、
そのためにはどんな人に使って欲しいのかを
しっかり絞り込む、ということです。

絞り込んだ結果、
メッセージがより伝わりやすくなるのです。

一人に絞り込む必要性が
おわかりいただけたでしょうか(*^^*)

ただ、絞り込むといっても
どうやったらいいのか
よくわかりませんよね。

そのための『ペルソナ設定シート』作りました。

私はこれにビッチリ書き込んで
理想のお客様像を絞り込んでいます。

架空の人でもいいんですけど
できれば最初はお友達とか家族など
知っている人の方が書きやすいです。

考えてみるのと
実際やってみるのとでは大違いなので
ぜひたくさん書き込んでみて下さい。

『ペルソナ設定シート』はこちらからご請求ください。

メールアドレス (必須)

お名前

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*