働き方

ライスワークの意味とは?ライフワークとの違いも解説!

ライフワークは人生を通じて成し遂げたいと思うような仕事。では、ライスワークの意味はご存知ですか?

どっちがいいというものでもないけれど、趣味のためにライスワークを頑張るか、それともライフワークを見つけて、仕事にやりがいを見出すか、ということの違いだと私は思っています。

ライスワークでいいや、早く帰って好きなことしよう!というのも人生だし、仕事にやりがいを感じて毎日充実してます!ってのも人生。

どっちがいいかは自分で決めることなので、どっちがいいとか悪いという話ではないと思います。

ライスワークとは何か

ライスワークとは、文字通り「食べるために働く」ことです。

その仕事が好きかどうかに関わらず、日々の暮らしのために働くこと。

ほとんどの人は「ライスワーク」なのではないかと思います。

でも、それが悪いというわけじゃない。

頑張って働いてお給料をもらう、とても素晴らしいことじゃないですか?

仕事に生きがいなんて、無理に見出す必要はないと思いますよ。

キラキラしてないといけないとか、充実してないと、なんて思いだすと、苦しくなります。

もらったお金で趣味を楽しんだり、美味しいものを食べたり、日々の暮らしが楽しいなら、それで十分だと思います。

ライフワークとは何か

それに対してライフワークとはなにか。

私の考えるライフワークとは、単に「好きを仕事に」とか「ワクワクする」といった言葉で表されるものではなくもっと使命感とかミッションとか「その仕事をやる理由」が明確なもの、ではないかと思っています。

好きであることはもちろんですが、それ以上の”何か”がないと「これはライフワーク(一生の仕事)だ!」とはなかなか思えないのではないでしょうか。

ライスワークとライフワーク、どっちがいい?

ライスワークとライフワーク、どっちもやってしまえばいい、と思います。

まずは、ライスワークです。生活を安定させるのは、非常に大事。お金って、すごく大事ですよ。

生活が豊かになるだけでなく、精神的にも安定します。だから、生活のためにお金を稼ぐのはすごく大事です。

しかし、人というのはそれだけだとだんだん満足いかなくなってくるものです。

人に認められたい、人のためになることがしたい、人の役に立ちたいなど、色々な欲求が出てくるものです。

その気持ちが出てきたら、ライフワークを探せばいいと思います。

理想は、ライスワークとライフワークが両立できることですね。

ライフワークの見つけ方

とはいえ、なかなか見つからないのがライフワーク。

若いうちに見つかったらそれこそラッキー、とても幸せなことだと思います。

ライスワークなんて嫌だ、人生をかけられるようなライフワークを見つけたい!でもこの歳じゃ・・・と思うかもしれないですね。

でも諦めないで!

40歳を過ぎても十分見つかると私は思っています。

諦めたら、そこで終わりですよ。

実際、私が今のウェブライター、ブロガーという仕事を始めたのは、45歳。コネも実績も何もないところからのスタートでしたが、収入も増え、とてもやりがいを感じています。

だから大事なことは、これまで自分が蓄積してきたことをひもとくこと、もしお金がもらえなかったとしてもやりたい、と思えるような情熱を注げることは何か、やり続けることが苦にならないことは何か、をじっくり考えてみて下さい。

【今日のミニワーク】

  • これまでの人生を振り返ってみて、あなたが周りの人よりも速くできたことは何でしょうか。
  • あなたにとって、周りの人よりも簡単に、そして自然にできることは何でしょうか。
  • 子どもの頃に好きだったことで、友達よりもうまくできたことは何でしょうか。
  • 他の人があなたにアドバイスを求めて来るのはどんなことでしょうか。

以上、思いつくままに書き出してみて下さい。

ただ漫然と過ごしているだけではきっと見つからない。
あっという間に50代ですよ。行動しましょう。

ABOUT ME
yuka nanami
WEBライター&ブロガー&アフィリエイター&アロマテラピー講師 40歳からは楽しく生きる!をモットーに、色々やってます。会社をクビになったからこそ開けてきた人生。年齢で自分を諦めない。幾つになっても楽しく生きることはできます。