働き方

アルハラに気をつけろ。上手なお酒の断り方

アルハラ

アルハラとは、アルコールハラスメントのこと。お酒を強要することです。

昔ほどひどくないと思っていたら・・・そうでもないんですね。

お酒が好きでも飲みたくないときはあるし、飲めない人はさもありなん。

人間関係を考えると断りにくい、なんて思う必要はありません。

飲みたくないときは飲みたくないというべきです。

アルハラ対策。お酒はきっぱり断っていい

お酒は飲みたいときに飲むもので、人に強要するものではありません。だから、飲みたくないのに勧められたら、断る勇気が必要です。

仕事に差し支えるかも・・・なんて思ったら負けです。差し支えても構いません。自分の身を守りましょう。

行きたくない飲み会には参加しない

歓送迎会などで、お世話になった人にきちんと挨拶をしたいなどの理由があれば、お酒は飲まないけれど会合には参加したい、という場合もあると思います。

それは自分の意思で参加するのでいいでしょう。

それ以外、行きたくないなと思う飲み会には無理に参加しない。行きたくないと思ったら断りましょう。

うまく断れないという人は、このような理由を使ってみてください。

  • 体調が悪い
  • 家族の体調が悪い
  • 田舎から両親(または友達など)が出てくる
  • 前から他の予定が入っていた
  • 習い事の予定がある

などです。

私は最近では、「用事が入っている」といって飲み会にはほとんど行ってません。

飲めないからときっぱり断る

どうしても飲み会に参加しなくてはならない時は、「飲めないので」とはっきり、きっぱり断りましょう。ソフトドリンクを頼めばいいのです。

それでも「一杯くらいいいじゃない」と強要してくる人がいると思うので、「飲んだら具合が悪くなるので」とあくまでも断ります。

ここで「それじゃ、一杯だけ」なんて飲んでしまうと、次からも強要されることになりますから。

アルハラは犯罪。そんな相手に好かれなくてもいい

お酒くらい飲めないとコミュニケーションできないよ、なんてことを言ってくるオヤジとか、参加しないと意地悪してくる女性のグループとか、まあ嫌がらせをするような人たちはどこの職場に行ってもいます。悲しいかな、必ずいます。

確かに、お酒の席で気を許して、腹を割って話せるという側面は否定できません。

私も、上司との飲み会は嫌でしたが、それでも仕事中には聞けない話などもあって、勉強になったことはたくさんありました。

でも、人とのコミュニケーションはお酒なんかなくたって十分できます。

お酒が好きなもの同士で飲みに行ってコミュニケーションを深めるのはいいことですが、嫌いな人に無理矢理飲ませるのは違いますよね。

付き合いが悪いとか影で何か言われるかもしれませんが、それなら言わせておけば良いのではないでしょうか。

お酒がないとコミュニケーションが取れない方に問題があると思います。

もうそんな時代じゃない。大丈夫、はっきり断っても。

いや、むしろ断らないとダメ。嫌なことは嫌だと断って、仕事で結果を出していけば良いのです。

ABOUT ME
yuka nanami
WEBライター&ブロガー&アフィリエイター&アロマテラピー講師 40歳からは楽しく生きる!をモットーに、色々やってます。会社をクビになったからこそ開けてきた人生。年齢で自分を諦めない。幾つになっても楽しく生きることはできます。