一瞬で心をつかむできる人の文章術〜訓練すれば誰でも書けるようになる

一瞬で心をつかむできる人の文章術

文章を書くのが苦手だという人は多いですね。だからこそ、私のようにブログの記事を代行します、というサービスが成り立つので、ありがたい限りなのですが。

文章を書く力は、どんな仕事をしていても役に立ちます。文章が書けるということは自分の考えをまとめて表現できるということ。会社員であってもフリーランスであっても必要なスキルなんです。

それを身につけられるのがこの本。文章をうまく書けない理由から始まって、「書けない」人の弱点まで丁寧に解説してあります。

あー、それは私のことだ!と思うかもしれませんが、大丈夫です。安心して下さい。まずは書けない理由をしっかり把握することから。それさえわかれば「どうすれば書けるようになるのか」がわかるようになります。

作文が苦手だった、好きではなかった、という人はこの本を読むとその理由がわかるかも。学校で教える作文では書く力は育たないんですよ。

「書く力」とは、てにをはの使い方などの文章スキルだけではありません。自分のメッセージをどう伝えるのか、そのためには書きたいと思ったことをそのままストレートに表現するのではなく、考えて考えて、何度も考える力が必要なんです。

そういった、文章を書くために培っていかなくてはいけない本物のスキルとはどういったものか、という事を教えてくれる本なんです。私は今でも迷った時はこの本を読み直して、「そうか、こうすればよかったんだ」と新たな気づきをもらっています。

1日たった15分、10日間でで文章がすらすら書けるようになるレッスンつき。最初は「今日はお昼にそうめんを食べた。」こんな文章しか書けなかったとしても、ストーリー仕立てでメッセージ性のある「読ませる文章」が書けるようになるのです。

文章を書くにはコツがあります。そのコツさえ知って練習すれば、今はなかなか書けない人も必ず書けるようになりますよ。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*